【釣り車】スズキ、マイルドハイブリッド搭載で燃費33.4km/L達成する新型【ワゴンR】

スズキのマイルドハイブリッド搭載のワゴンRが釣り車にぴったりだったので紹介します。

Ads by Google

竿を立てて収納

これが純正なんだから選択しない手はない!!

2017年2月1日 発売
ワゴンR:107万8920円~147万960円
ワゴンRスティングレー:129万3840円~177万9840円

広島県呉市蒲刈にある大地蔵港へ行ったのですがその道幅が狭いんです。

3ナンバーのプリウスやアルファードで行くと両サイド正面も道路が見えず崖の下は海と言う状態での走行になるんです。タチウオ釣りに行くので夜になるとさらに視界が落ちて危険です。

Pickup!【下蒲刈島】の【大地蔵港】でタチウオ釣り場紹介

スズキ、マイルドハイブリッド搭載の新型【ワゴンR】で行ったら余りにも快適過ぎたのです。

全方位モニター

このモニターだけでも購入価値が高いと思いました。

普通ならこんな助手席からの視界です。

運転手からの視界です。

全く見えませんね。

全方位モニターが動作するとクルマの前後左右4カ所に設置したカメラからクルマを真上から見たような俯瞰(ふかん)の映像をセンターの7インチの大画面モニターに映し出してくれます。

全方位モニターは補助目的であり、映像を合成する過程でのズレによる死角などシステム能力には限界がある。

この4つのモニターも外観を損なうことなく埋め込んであるので不細工ではない事もポイントです。

駐車場

後方カメラ搭載車と比較すると前後左右カメラによって得られる俯瞰映像の威力は運転者に安心が増しストレスを低減してくれる。

狭い場所での走行も旋回時の切り返しも安心して出来ますよ。

これなら脳の構造的に空間認識能力の低い女性にも安心して運転が出来ると思いますし、運転が楽しくなる事間違いなし!

リアシートのリクライニング

後部座席を倒すとフラットになるので、釣りに行く場合や積載が多い時に段差無く荷の積載や積み下ろしが楽に可能なので有難い。

アンブレラホルダー

雨の日の傘は置き場所に困るし、市販の商品を利用して傘を立てかけても雨の滴がマットを濡らし翌日不愉快な臭いを発生させていた。

後席ドア側に組み込まれたアンブレラホルダーは縦に傘を収納するスペース。

水は下の水受に流れ落ち車外に排出され床を汚さない。

Pickup!タモやのべ竿や万能竿を立てかけて使うことも可能だ!濡れていても大丈夫!

全長90cm以内の傘(竿)が収納できる。

ドリンクホルダー

フロントのインパネドリンクホルダーは運転席と助手席では

ペットボトルや500mlの角形ボトルもホールドできるので地味に便利だった。

エアコン

アイドリングストップ時にインサイト同様にエアコンが送風になるのでは?と心配していたがモードの切り替えが用意されていて冷暖房を継続して利用できるので社内に子供や動物と一緒でも安心出来るし、運転のストレスも軽減される。

シートヒーター

ウェイティングが磯釣りわされる方なら体が濡れる事も多々ある。そんな時にはエアコンだけではとても足りない、シートヒーターが搭載されているので座席の温かさと暖房のダブルで体力を回復出来る。

運転席&助手席シートヒーター(運転席はHYBRID FZ、HYBRID FX、FA 4WD車に標準装備)(助手席はHYBRID FZ 4WD車、HYBRID FX 4WD車に標準装備)

CarPlayとAndroid Auto™

iPhoneとAndroid搭載スマートフォンとリンクし通話・音楽再生メッセージなどをナビ画面で応答操作可能だ。電話が掛かってきた来た時にハンドルのボタンからも操作可能なので、運転時に視界が正面から離れるのを防いでくれる。

音楽再生にも対応した事でドライブがより一層楽しくなるだろう。

スマホのナビを画面に映し出せる事で、いちいちスマホの登録された場所をナビに再度入力する手間が省けるのは時間の節約になるし意外と快適だった。

Pickup!動画の映像を画面に映し出す事は出来ないが音声は再生可能。

CarPlayは以下のiPhoneに対応します。

  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone 6、iPhone 6 PlusiPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5

Android Auto™は以下のスマホに対応します。

  • Android 5.0(Lollipop)以降を搭載したスマートフォン

マイルドハイブリッドISG(モーター機能付発電機)

エンジン車同様の走行性とハイブリッド車の様なモーターの力強いアシストは感じられない、あくまでもマリルドハイブリッドで裏方的なアシストだ。

アクセルペダルを踏まない状態のクリープではモーターのみでも走行が可能なのだが、エンジンが直ぐに始動する感じだ。

  • 減速して車速が約13km/h以下でアクセルもブレーキも踏まない時
  • アイドリングストップ後の停車からの発進時に、最長10秒間のモーターのみでクリープ走行が可能
  • 発進から約100km/hまでの加速時にISGがモーターアシスト

エンジンとISGの切り替えもスムーズで衝撃や急激な原則を感じる事無く、アシストすることで燃料の消費を抑え、低価格でハイブリッドの恩恵を受けれる仕組みとなっている。

走破性

軽自動車特有のパワー不足は感じれないし、勾配のある山道でも問題ないとお思った。重たい荷物を積んでいなかったので、積載が多い場合や4人同乗の場合はこの限りではないと思う。

一、二名で長距離ドライブなら全く問題ないと思うし、振動はそれ程なく長距離ドライブを支えてくれる。

無給油で300Km以上走行できるので県外遠征でも十分な航続距離

モーターの高周波音が聞こえ少し耳障りだが他社のハイブリッド車でも同様なので気にする必要は無く、ロードノイズは少し大きい印象だが音楽を聴いていれば気にならない。

現地に到着して釣り開始まで時間がある場合や朝マズメ狙いで早めに到着した場合には、車内で仮眠をとると思う。そんな時には、椅子で横になるよりも後部座席を倒してフルフラットで横になる方が良い!!エアークッションがあれば快適に車中泊をすることが出来るよ。

オンリースタイル 車中泊専用マット ワイドサイズ
by カエレバ

安全装備

デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突の被害を軽減するシステム

ハイビームアシスト機能、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるを搭載。

Ads by Google

終わりに

フロントの各ポケットにはオプションでインパネトレーを設置できるので購入した方が良い、純正だと確実に滑るので、走行時には落下すると思う。

軽自動車と言う日本独自の規格からコンパクトカーの方が燃費が良い場合があった。これは小さいエンジンで車を動かすという規格上の限界から来るものだから、アクセルを踏んだら煩いとか軽自動車で言うのは見当違いであるし普通自動車やレクサスに乗れば回避できるからわざわざ言う必要はないし車選びを間違っている。

どちらにしても、高齢者にも運転初心者にも安心のアシストシステムがフルに搭載された高級車並みの軽自動車で、釣りに必要な装備としても十分な性能を持った車体なのでオススメですよ。

あわせて読みたい

コメントを残す

error: Content is protected !!