夏前のデブの生態とポッチャリ体質の原因

私が、糖尿病や心臓病の親族がいる中で生活して来たのですから、その為の食事を幼少期から採ってきたのです。まさにデブの英才教育だったのですが、そこから脱した経緯を紹介します。また、下記の内容は過去の私へ向けて記事を書いています。

6月から7月にかけて、自分のデブさに危機感を感じたデブが、無知の断食行動の出ます。

断食によって短期的に痩せることに喜びますが、脂肪が減少せず筋肉量が減少した事に気づきません。

筋肉量の減少によって、脂肪を燃焼させる効率が減ったので基礎代謝が落ちます。

断食によって飢餓状態にある体は、危機回避の為に食事を脂肪として蓄えようとします。

ラクダの萎んだコブを元の状態に戻す様に、食事をする毎に脂肪として蓄えられ結果として以前よりも太りやすい体になったのです。

PONSORED LINK

ポッチャリ体質の悪循環

このデブは無知な為に無意味で逆効果な行動に出てしまったのです。

そして来年も同じ行動に出ます。

大抵の断食本には、バランスを変えても栄養価を下げるなと指摘があります。

デブの釣り方

この時期には企業がモデルなどを使ってCMやSNSで商品を宣伝させます。○○だけ○○モデルと同じボディを実現とか、○○ダイエットなどその時限りの情報が爆増します。

そしてデブが購入に走ります(クリックするだけで走りもしない)

これらの主原因は早くて簡単で楽して痩せたいデブが商品を購入するからです。地味で負荷のあるトレーニングを求めるデブが要れば淘汰される案件ですが、現実にはそうはなりません。

将来の辛さよりも目の前の果実を私達が選択する様に。

参考資料・参考文献:郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略(案)』 有限会社スリード

デブの生態

夏になると増えて来る、ランニングする人達。何故デブは走り、痩せている人達は筋トレをするのか不思議な現象が夏前から起き始めます。そして、必ずと言って良いほど来年も同じ事をしています。

えっ全然痩せてないやん!

ウォーキングやランニングやってる人は雨降ったらどうするの?走れないじゃん。もう次の日からランニングやらないでしょ?

そのそもそも日頃走ってない人が走ったら体痛めるから辞めなよ。それに走る専門の道じゃないとクッションが悪くてマジで体壊すぞ!ランニングシューズ代の無駄遣いな。

わざわざ続けられないものを選んで頑張ってるふりしてるだけだからデブなんだよ。だから、家の中で出来る事をしましょう。家なら全天候型でしょ。

Pickup!【食べ方が9割】3カ月で10Kg痩せるダイエット方法

PONSORED LINK

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!