【おススメ2つ】中国でVPN接続(2017年)

中国のネット規制は段々厳しくなっている印象で、中国への単身赴任や出張に旅行などで長期滞在に限らずGoogleやline(LINEのセキュリティー設定とSNS公開の範囲の設定)などが使えない事の不便・危険を実感した事がある。そんな中国のネット規制を回避する方法を紹介します。

以下にアフェリエイトリンクはありません。勿論、リンクの有無にかかわらず管理人が純粋におススメ。

PONSORED LINK

VPN

2017年1月以降に中国のネットワーク規制が強化された為に、既存のVPNプロバイダーへの接続が不安定となりました。

基本的に海外で日本の様な通信スピードを期待しない方が良いです。それで普通という事前認識で利用するとストレスが減ると思いますよ。

日本と中国の連絡のやり取りは勿論、日本のネット環境のまま中国で不自由なく接続できるVPNを紹介します。

1.VyprVPN

高速通信とは言えないけれど、情報公開に力を入れている企業で信頼できるから安心感があると思う。

ポイント

  • 初心者におススメ
  • 接続アプリの日本語対応
  • 中国国内から申込可能
  • 各種クレジットカード、Paypal、Alipay支払い可能
  • VPNサーバー:60か国以上で7000台以上のサーバー
  • 日本語対応:対応済み
  • 固定IPアドレス:不可

サイトVyprVPN

HPが日本語非対応です。

2.ExpressVPN

速度と安定性のバランスが良くメインに使っている。企業とのやり取りをする場合など通信の信頼性が必要な場合に契約するVPNになる。

数年に渡り安定したサーバーの稼働実態と中国から接続可能なサーバーを維持しているVPNプロバイダーは殆どなく、ExpressVPN一択と言って良いほどと思っている。

実感として、この企業のプロモーションにお金を注込むよりもサーバーなどマシーンスペックなど設備投資に重点を置いている印象で長期間滞在者や企業に関わらずおススメです。

ポイント

  • 通信速度と安定性を優先したい方におススメ
  • サイトの一部が日本語対応
  • 各種クレジットカード、Paypal、Alipay、銀嶺カード支払い可能
  • VPNサーバー:190か国以上で700台以上のサーバー
  • 日本語対応:一部対応済み
  • 固定IPアドレス:不可

サイトExpressVPN

HPが日本語対応しています。

PONSORED LINK

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!