サーベルマスタードラゴンとタチウオテンヤ釣り/蒲刈沖(広島県呉市)

11月中旬にタチウオ釣りに行って来たので紹介します。

Ads by Google

釣行記

天候は晴れ、朝早くから出航して蒲刈沖方向へ出向

タチウオのシーズンには入り、釣果も上がってきた事もあって岡山・山口・四国からの船舶も多く見えた

期待を膨らませてイザ釣り初め!!!

周りの船団も釣れていない時間が長く続き

たまに1匹釣り上げるも続かない

どうやら集団でタチウオが居ない様子なのだ

タチウオの食い気が渋いと思ったので、サーベルマスタードラゴン50gで付けエサのシルエットを小さくして、小さい魚影をアピール

しかし渋い

それに激流の為、40gの重りを追加しても釣りにならなかった

サーベルマスタードラゴンは、水深20m~60m程度でも実用的だし、重りを追加する事でフィールドの幅が広がる。
しかし、ライトテンヤタチウオの分類である以上、重りの制限があるだろう、島と島の間での激流条件の釣りに置いては、不向きだったと思った。

いつもの通りの50号テンヤ仕掛けに変えた

しかし風が強く潮の流れが速いので底を取れなかったので

40gの重りを追加

それでも横に流れる程の激流だった

昼になったので海上ラーメン店開店~!

その後も釣りを開始したが風が強くなり

撤収~

同じ船に乗っている一人のタチウオ1匹のみの釣果となった。

刃が鋭いので素手で扱うのは危険!専用のフッシュグリップなどで掴もう!!

釣行メモ

項目 概要
釣行日 2017年11月中旬
釣果 タチウオ
釣種 テンヤ、タチウオ餌釣り

使用タックル

リールは、海底から10mなど指示が船長から出るし、棚が一番重要となるから、カウンタ付きの物を選ぼう!!

基本は、道糸:PE1号、リーダー:フロロカーボン12号又は、道糸:PE1.5号mリーダー:フロロカーボン14号

テンヤ30号又は40号が良いが、船長の指示に従ってくださいね。

今回は、40号のテンヤよりも30号のテンヤに食いが集中した印象

シングルフックが主流だけどダブルフック仕様がおすすめ

ヤマシタ(YAMASHITA) テンヤ 猛光太刀魚テンヤ船 ダブル30号
by カエレバ

今回の様に食いが渋い時は特にシルエットが小さい方が圧倒的に有利だと分かったので、さらに自然で小魚演出できる仕掛けがコレ

テンヤにタコベイトを付けてアピールを増やす為に、されている方多くいますが、そのお金が在ったらコレ買って仕掛けを買えた方が有利と思う

本当に買った方が良いぞ!

ヤマシタ 猛追太刀魚テンヤ船 40号 プロトタイプ N
by カエレバ

タチウオの歯が鋭く切られやすいのでテンヤの数だけリーダーが必要です

ヤマシタ(YAMASHITA) リーダー 太刀魚テンヤ フロロカーボン 70cm 14号
by カエレバ

青物もタチウオも同じタックルで釣っているので参考にどうぞ
Pickup!アジ泳がせ仕掛け青物釣り【船釣り】【旭舷AOMONO 230M】に合うリール【ダイワ15 ライトゲームX ICV 250】

Ads by Google

マップ

遊漁船の予約は下記からどうぞ!

あわせて読みたい

コメントを残す

error: Content is protected !!