年末年始に海外旅行に行く人はSIMロックを解除&国別おすすめSIMカード

年末に年始には海外旅行に行く方も多いと思いますが、普段海外に行かない方が、日本の携帯を海外で使うと破滅的な金額になります。電話もデータ通信料金が直ぐに数十万円の請求になるのから現地の契約プランを契約をしましょう。

空港別ツアーで最も伸びているのは成田(国際)空港。LCC(格安航空会社)を利用したツアーが増えているからだろう」と明かす。ちなみに、エイビーロードへの問い合わせ件数のトップ4は、台北(台湾)、オアフ島(米ハワイ州)、セブ島(フィリピン)、バンコク(タイ)だという。さらには1月4日、5日出発のアジア旅行も伸びている。年末年始に比べて、航空券などの料金が安くなるためだ。
出典元・引用文献:ダイヤモンド・オンライン 年末年始の海外旅行は過去最高、旅行業界が期待する18年の目玉は

Ads by Google

SIMロック解除が必要

docomoもauやSoftBankyなどで海外パケ放題プランが用意されているけど1日の2,980円必要だから、もし15日間滞在すれば44,700円にもなる。

非常に割高だから、レンタルのWi-Fiルーターを使う方法もある。凄く安くは無いけれど海外パケ放題プランよりは簡単で便利だ。でも、電池切れで使えなくなるので、モバイルバッテリーも忘れずにね。

海外で使い易いのがiPhoneのシリーズです。Android携帯と違って通信方式や周波数帯が広くてAPN設定も不要な場合が多い。一度SIMフリー端末にアクティベートしたら、現地SIMカードを刺仕替えるだけで使えるから簡単。iPadならもっと簡単だけどね。

SIMロック解除

SIMロック解除が出来るのはiPhone6s以降に発売されたiPhoneで101日が経過している必要がある。

iPhoneがiPhone5の場合は、SIMフリーに出来ずアップルストアから購入する必要がある。iPhone6s Plusで2年以上経過しとぃるのでは該当しているのでやってみた。

Softbankの場合

【マイSoftBank】⇨【契約・オプション管理】⇨【SIMロック解除手続き】⇨【製造番号(IMEI番号)】の入力

対応機種と各種方法
SIMロック解除 – docomo
SIMロック解除 – au
SIMロック解除 – ソフトバンク

iPhoneの製造番号(IMEI番号)

【設定】

【一般】

【情報】にある【IMEI番号】の15桁の番号です。

たったこれだけの作業で世界中使える(通信の技適範囲)iPhoneの完成です。

アクティベート

使っていたキャリア(Softbankなど)と違うキャリア(docomoなど)を借りてアクティベートを済ませる必要があります。若しくはiijmioなど格安SIMで契約している方はそのSIMを挿入します。

iijmioキャンペーン

日本でここまでの作業を完了していないと現地(海外)でWi-Fi環境が無いとキャリアと通信できずアクティベードも出来ないのでSIMロック解除したら使っていたキャリア(Softbankなど)と違うキャリア(docomoなど)を借りてアクティベートを済ませて下さい。

現地のSIMが最安

SIMは、日本のように店頭に並んで契約する必要はありません。

日本であらかじめSIMフリー携帯を手に入れていれば、コンビニのような路面店でも家電量販店でSIMカードを購入するか郵送を待つだけで現地のSIMカード買えばそのまま使えるので旅行者にも出張の方にもおすすめです。

SIM切替手順

出国手続き完了後の待合ロビーでiPhone

【機内モードをON】⇒【電源をOFF】⇒【SIMカードを抜く】⇒現地(海外)【SIMカードを挿入】

現地(海外)到着でiPhone

iPhoneの【電源をON】⇒【機内モードをOFF】⇒通信開始

プロファイルの削除

日本で格安SIMで運用している方は、自分でダウンロードしたAPNの設定を削除する必要があるので、機内モードをONにした後にAPN設定を削除して下さい。

【設定】⇒【一般】

【一般】⇒【プロファイル】

【プロファイル】⇒【IIJmio】

【プロファイル】⇒【プロファイルを削除】

プロファイルのダウンロード

日本で格安SIMで運用している方は、日本帰国時にはAPNの再ダウンロードが必要です。
サイトIIJmio APN構成プロファイル

【構成プロファイルをダウンロード】をクリック

【許可】をクリック

【インストール】をクリック

パスワードを入力

【次へ】をクリック

【インストール】をクリック

【インストール】をクリック

【完了】をクリック

Ads by Google

モバイルデバイス

海外旅行でも通信環境を整えたいですよね。最近ではVPNやSIMフリー端末で通信をする方も多いと思いますが一つ注意があります。

Googleサービスなど通信不可

Googleサービス(Gmail、YouTube、Googleマップ)、Line、Facebookなどが通信不可
中国のネット環境は日本と異なる為に、日本で普通に使えるアプリ(サービス)が使えない場合殆どです。回避する為に海外ローミングや香港SIMを活用する方法が簡単です。

▼グローバルWi-Fi(世界200ヶ国以上で使える
海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi


グローバルWi-Fiの【中国VPNプラン】は、1台のWi-Fiで1台の機器の接続が推奨されています。
中国VPN付プランは日本と同じ様にあらゆるWEBサイト閲覧が可能になります。

【Wi-Fiレンタルお申し込み】を選択

エリア【東アジア】と国(プラン)【中国(VPN付き)】を選択

その他の情報を記入しててくださいね。

中国や香港に滞在予定の方

Amazonなどから手軽にSIMを入手出来ますよ!7日間で2Gのデータ通信が出来て1,000円程度と安いし安定している。

4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能
by カエレバ

オアフ島など

アメリカ最大手の通信事業者のAT&TのSIMです。Softbankの方は、スプリントのネットワークで【アメリカ放題】プランが無料で利用できるのでSIMは不要と思いますが、通信エリアは狭いです。

MOST SIM – AT&T アメリカ SIMカード
by カエレバ

タイ

タイのプーケットで4Gに対応しているので実測値は分からないけど早いかも

【TRUE MOVE】タイ プリペイドSIM
by カエレバ
滞在日数が多い人は複数枚SIMを購入して使いきったら差し替えると普通に使える

SIM交換用ピンをよく無くすのでこれがあった方が良い

SIMカード & MicroSD ホルダー
by カエレバ

あわせて読みたい

コメントを残す

error: Content is protected !!