会計ソフト「MFクラウド確定申告」は白色・青色確定申告がずっと無料!

2月になると確定申告で頭がいっぱいになるんですよね

ハッキリ言って『面倒くさい』ですよね

確定申告をした事も会計の知識もないフリーランスの私にはハードルが高くて自分では無理でした。今後軽減税率の導入後は複雑性が増しチンプンカンプン!そこで会計ソフトが優秀なんです!その中でもクラウドがおススメって話です。

だって日本の法人数は400万社弱といわれる中で100万事業がクラウド会計を使っているのだからメリットと注意事項を紹介します。

PONSORED LINK

記帳義務と保存義務

ただでさえ大変なのに2014年の確定申告から超絶零細企業の個人事業主であっても、記帳義務&保存義務が必須になりました。

事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う全ての方です。
※ 所得税及び復興特別所得税の申告が必要ない方も、記帳・帳簿等の保存制度の対象となります。
出典元・引用文献:国税庁:白色申告の方の記帳・帳簿等の保存制度

誰でも記帳義務&保存義務が大変で面倒な作業を、無料・自動で計算してくれるソフトのMFクラウド確定申告を利用するだけで解放されます。

無料でfreee」でも使えますが、保存期間が1カ月しかないので本格的に利用する方は、「MFクラウド確定申告」が良いと思います

収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿)は、7年の保存が必要だからです。

MFクラウド確定申告

料金プランは下記の様に、月間仕訳件数が15件/月なら無料で使い続ける事が可能ですし、事業を始めて月間仕訳件数が15件/月を超える場合には、ベーシックプランに変更する事が可能なので初めは無料プランで始めると良いですよ。

電話サポートは【安心電話サポート付きベーシックプラン】で対応できます。


出典元・引用文献:MFクラウド確定申告の料金プラン

充実機能の無料会員

事業開始の頃は無料のフリープランで全ての機能を使う事が出来ます。
機能は下記

  • 月間仕訳件数:15件/月
  • 申告書:15件/白色・青色申告書の作成
  • メールサポート:あり
  • アップデート(法令改正対応):自動更新

事業開始時期なら15件/月で十分に仕分る事ができれば十分!
しかも無料で青色申告書または青色申告書が作成できるのは「MFクラウド確定申告」のみですよ。

しかも、アップデートもメールサポートも全部無料なのは凄い

弥生会計⇒freee⇒MFクラウド確定申告

今までに会計ソフトは、弥生のクラウド確定申告freeeMFクラウド確定申告と利用した事がありますが、クラウド会計ソフトと言えば【freee】の印象が強いですが、MFクラウドの/無料プランに勝てる物は現在ないと断言(2018/4/15現在)出来ます。

最安料金プラン比較

フリー
MFクラウド
プレミアム版
MFクラウド
freee やよいの
白色申告
やよいの
青色申告
 価格/年  0円  8,800円  9,800円  8,640円  12,960円
 ユーザー数 1人 3人 3人 1人 1人
作成申告種類  白色/青色  白色/青色  白色/青色  白色  白色
支払い日 月払い/年払い 月払い/年払い 年払い 年払い 年払い
無料期間 無料会員(期限なし) 無料会員(期限なし) 30日間お試し可 1年間無料 1年間無料(サポートなしのフリープランはずっと無料)

データの自動取得

クラウド会計ソフトを使う一番のメリットは【取引データの自動取得】機能だと思います。

現在では、クラウドでなくても対応している会計ソフトが登場していますが、自動取得機能は、銀行通帳の全ての入出金記録を自動で取り込んで帳簿を付けてくれる機能です。

例えば月に10件の取引が合った場合、1年で120件の取引を打ち込む必要がありますから、神ってますよね

MFクラウド確定申告は、3000社を超える金融機関登録に対応しているので誰でも問題なく利用出来ると思うし、大手銀行、信用金庫や信用組合、クレジットカード、ネットショッピングなどの取引データ取得が可能となっています。

自動取得の注意

注意としては、金融機関からのデータ自動取得が魅力的ですが、クレジットカードからデータを自動取得する場合、クレジットカード会社によって1年ではなく過去数ヶ月分のデータ取得しか出来ない場合があるので、今直ぐに登録して下さい。無料で全機能が使えるするMFクラウド確定申告の魅力はそこにあります。

確定申告では当然1年分の会計情報を報告する必要があるので、確定申告シーズンから会計ソフトを利用を初めては遅い場合があるから、一刻も早く登録して自動取得の設定のみしてほっておくだけ良いんです。

特にAmazonや楽天のヘビーユーザーならクレジットカードの取引情報よりも詳細な取引情報(個別の商品情報)も自動取込みが出来るので詳細な仕分けが出来上がります。

収入38万円から

無職でも事業収入(ブログなど)を得ている場合は、通常38万円の収入から確定申告が必要で記帳義務が発生するので、その金額に近い方は今から登録していれば12月に38万円の事業収入が確定してから焦る事がないですよね

ブロガーやアフェリエイターには嬉しいクラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスや、A8.netなどの、アフィリエイトサービスなどと連携可能です。

今回ご紹介した【MFクラウド確定申告】のお申し込みはこちらから。

MFクラウドを使いこなす為の指南書になっているよ。

会計事務所と会社の経理がクラウド会計を使いこなす本
土井貴達/米津良治 ダイヤモンド社 2017年01月14日
売り上げランキング : 33306

by ヨメレバ

 

確定申告なんて面倒だから全て専門家に丸投げ!!!!!!

中小企業や個人事業主、自営業、副業の法務・財務・労務・知財など、専門性の高い業務を専門家に依頼できるでサービスで、交渉は、フォームに必要事項を入力するだけで税理士さんが作成に必要な金額を提示されます。


出典元・引用文献:shares

確定申告の相談はこちらから。

比較として紹介した会計ソフトはこちらから。

フリーランスには入力が簡単だと超有名~

freeeに対応した書籍なので、ソフトと一緒に合わせて使うと、詳しい解説がついているので初めての方にもおすすめ。

ひと月3分、ムダ0確定申告
原尚美/山田案稜 技術評論社 2015年11月26日
売り上げランキング : 146651

by ヨメレバ

 

知名度No1のソフト

PONSORED LINK

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!