海外歴10年超がおすすめする手数料を節約して海外送金する方法「銀行よりトランスファーワイズ/TransferWise」

お得情報お得情報

海外留学や海外出張に移住する為に必要な「お金」の問題ですね。

国外にお金を送る場合に手数料が発生し、各銀行や企業によって手数料には差があります。

その手数料が送金金額に対して小さくないので企業選びは大切。

海外送金に必要な費用

海外送金に必要な費用は主に3つあります。

  1. 銀行(日本)から送金を行う事務手数料
  2. 通貨を変更する手数料(交換レート)
  3. 中継または受け取る銀行(海外)の事務手数料
日本から海外に送金する場合

①送金手数料

銀行によって海外送金手数料が1,000円~7,000円など差があるので一概に言えません。

  • 海外送金を行うには、自分が該当銀行の口座を持っている必要があります。
  • 銀行によって送金に必要な時間(日単位)が異なります。

②為替・交換レート手数料

銀行が独自に定めているTTSレートが利用されるので、口座を持つ銀行のTTSレートを調べて下さい。

海外送金を行う場合、為替・交換レート手数料が一番高いので、1円でも安い銀行など探す必要がある。

➂中継・受取銀行手数料

お金を受け取る銀行でも手数料(一般的に10~30ドル程度)が発生します。

手数料の引かれ方

  • 送信額から自動的に引かれる(受取金額が減少しても良い場合に便利
  • 送信時に予め払う(受取銀額が決まっている場合に便利)

※送金時に予め支払う事で、受取金額が減額せずに済みます。

トランスファーワイズ/TransferWise

今迄私は、銀行から海外送金を行っていましたが、手数料が高いので辞めました。

今回から利用しているのは、「トランスファーワイズ/TransferWise」です。

何故なら、800万人以上の方が利用し、最大で銀行の手数料の8分の1で海外送金が可能だからです。

先ほど紹介した為替・交換レート手数料が、銀行よりも圧倒的に低い水準なのです。

海外送金金額によりますが数万円の差が出るのでおすすめです。

送金額: 200,000 日本円をアメリカドルへ送金した場合


TransferWise

 

Posted by shoutan