中国のSNS微信の微信支付(WeChat Pay)が国際クレジットカード対応!日本人の登録・開設方法

2018年10月20日

WeChatアプリの機能で、WeChatPayの登録をする事で、QRコード支払いで買い物等が出来ますよ。

Ads by Google

Ads by Google

WeChatPayの登録

以下の手順の1,2を行います。

  1. WeChatに登録
  2.  WeChatPayにクレジットカードで本人登録
  3. チャージして有効化

【+】>【マネー】を選択する

下の【チャット】タブを選択し、画面右上の【+】を選択し、ドロップダウンリスト中の【マネー】を選択する。

マネー画面の【お金を受け取る】を選択する

実名認証

実名認証には2つ用意されている。

  1.  添加銀行卡
  2.  中国大陸身分証

中国の身分証を持っている方は、 【中国大陸身分証】を選択する。

日本人等の外国人は、【添加銀行卡】を選択する。

中国の銀行口座が必要ですが、日本のクレジットカードでも登録が可能です。

カード番号の入力

日本で発行されたクレジットカードの番号16桁を入力します。

中国の銀行口座を開設済である場合は、その銀行口座番号でも可能です。

カード情報の入力

銀行・カードの種類は自動で入力されます。

  • クレジットカードの有効期限と裏面等に記載されているセキュリティーコード(3桁の数字)を入力。
  • 氏名はクレジットカードに記載されている英字で入力。
  • アドレスは住所の意味で、英字で入力
  • 電話番号は先頭の0を抜いた番号を入力(090-××××ー○○○○⇒90-××××ー○○○○⇒)
  • Eメールは、G-mailでも問題なく登録が可能

各種項目を入力し、【☑】を選択し【次へ】を選択する

支払いパスワードを入力

6桁のパスワードを設定します。

このパスワードを忘れると支払いが一切出来なくなるので、絶対に忘れないで下さい。

【本人】タブ>【ウォレット】>【カード】を選択

追加されたカードの確認

表示があれば正常に追加されています。

自分のQRコード表示

全ての処理が正常に完了すると以下の様なQRコード画面が表示されます。

このQRコードはセキュリティーの関係で意味のない物に変えています。

WeChatPayのアカウント設定は完了です。

注意事項

日本のクレジットカーでの登録が出来ない場合があります。これは、WeChatPayまたはWeChatアプリの仕様変更などが原因と考えられます。2018年10月現在は登録が可能です。

また、この時点でアカウントの開設が完了しましたが、このままではお金をチャージすることはできません。

お金をチャージする為には、以下の処理が必要になります。

  1. 中国人の知り合いなどに頼んで、自分のWeChatPayアカウントへ送金してもらう。
  2. 中国で銀行口座を開設した後に、銀行口座に現金(人民元)を入金してからWeChatPayに紐づけを行い、WeChatPayへ送金する。
クレジットカードのみによる本人確認による利用は、WeChatPayの支払い可能累積金額は1000元が上限となっている為、長期滞在者やホテルの支払い等を全て行うには金額が足りなくなると思うので、現地で銀行口座の開設と中国の電話番号の発行をおすすめします

WeChatPay

Posted by shoutan