日本の銀行から中国に送金⇒中国アリペイ(Alipay;支付宝)【国際送金方法】手数料を節約して海外送金する方法「銀行よりトランスファーワイズ/TransferWise」

お得情報お得情報

中国アリペイ【送金方法】手数料を節約して海外送金する方法「銀行よりトランスファーワイズ/TransferWise」

目次

中国のアリペイ(支付宝)へ国際送金方法

今回は、送信者(日本)で中国のアリペイ(支付宝)へ日本円を国際送金を行い。人民元で受け取る方法を紹介します。

公式サイトへアクセス

注意事項

日本から海外送金する場合の、注意事項を紹介します。

①日本円の送金額の上限は1回につき、1,000,000円です。

②振込は本人確認(送金者のマイナンバーカードと免許証など)終了後となります。

③中国へ送金の場合

  • UnionPay カード(銀聯カード)、またはAlipay IDをお持ちの個人の受取人へのみ送金が可能。
  • AliPay 対応しています。
  • 受取人のフルネーム(英語のみ・受取人の拼音(A-Z))と、16‐19 桁の UnionPay(銀聯カード)番号、または Alipay ID(中国の電話番号またはメールアドレス)が必要です。
  • 個人へは1回あたり31,000CNYまで送金が可能。
  • 1日あたり最大10,000 USD(もしくは中国・元(CNY)で同等の金額)が送金可能
  • 年間あたり最大50,000 USD(もしくは中国・元(CNY)で同等の金額)が送金可能
  • 法人へはCNY送金は受付できない。中国の法人へのUSD送金は可能です。
  • 次の国(キューバ、イラン、スーダン、北朝鮮、シリア、クリミア地域、中国)を除くすべての国が Alipay に送金できます。
  • 次の国(日本、英国、米国、カナダ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、香港、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、シンガポール、スペイン、スウェーデン)に口座をお持ちの場合は、UnionPay口座への送金が可能です。

受取人の事前準備

Alipayアプリで跨境汇款(Global Remittance)ミニアプリを見つけ、銀行カードをAlipay IDにリンクします。

  • ステップバイステップガイド(中国語
  • ステップバイステップガイド(英語

中国・元(CNY)は以下の通貨からのみ送金可能です

USD, GBP, HKD, SGD, EUR, AUD, CAD, JPY(日本円), BGN, CZK, DKK, HUF, NOK, PLN, RON, SEK, HRK.

中国の一部の銀行は海外からの振込を受け付けていないため、以下の銀行へ送金することできません。

私は、相手に中国の「中国銀行」を登録してOKでした。その他の地方銀行はどうか不明です。
  • 中国農業銀行 (Agricultural Bank of China)
  • 招商銀行(China Merchants bank)
  • 中国民生銀行(China Minsheng bank)
  • 興業銀行(Industrial Bank Co)
  • 上海浦東発展銀行(Shanghai Pudong Development Bank)
  • 南京銀行(Bank of Nanjing)

公式サイトへアクセス

アカウントを作成する

セキュリティ対策

【送金する】を選択

金額を指定して【送金手続きへ】を選択

受取人情報を入力して【確認】を選択

中国に国際送金する場合

  • UnionPay カード(銀聯カード)、またはAlipay IDをお持ちの個人の受取人へのみ送金が可能。
  • 受取人のフルネーム(英語のみ・受取人の拼音(A-Z))と、16‐19 桁の UnionPay(銀聯カード)番号、または Alipay ID(中国の電話番号またはメールアドレス)が必要です。

スマホで「QRコード」を読み込む

下記状態の画面を絶対に閉じないで下さいスマホ作業が完了した後にこの画面から続きの作業を行います

以下からスマホから操作した画面です。

ログインします

「メールアドレス」と「パスワード」を入力し【rog in】を選択します。

しばし待つ

【Yes,It’s me】を選択する

送金相手を選択する

  • 自分自身:自分の口座などに送金する場合。
  • その他:友達など自分を除く人に送金する場合。
  • 法人・慈善事業団体:法人相手の場合。

【続行】を選択する

【開始する】を選択する

アカウントを選択します。

複数のアカウントがある場合に表示されます。このアカウントから国際送金されます。

【開始する】を選択する

確認書類を選択する

以下の1つの個人を証明する書類が必要です。

  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 日本の運転免許証
  • 日本発行のパスポート
  • 在留カード
  • 住基カード

運転免許証の場合

今回は、日本の運転免許証の場合を紹介します。その他の書類でも同様です。

一覧から「日本の運転免許証」を選択します。

【📷】を選択して正面の写真を撮る

右に表示されている4桁の番号をマジックなどでハッキリと紙に書きます。

  • 正面の免許証を上に置く
  • 下に4桁の番号を書いた紙を置く
  • 白い枠に合うように撮影します

【📷】を選択して厚みが分かるように写真を撮る

厚みが分かるように傾けて撮ります。

  • 正面の免許証を上に置く
  • 下に4桁の番号を書いた紙は不要です
  • 白い枠に合うように撮影します

【📷】を選択して裏面の写真を撮る

  • 裏面の免許証を上に置く
  • 下に4桁の番号を書いた紙は不要です
  • 白い枠に合うように撮影します

【3つの写真を撮影しました】を選択

自撮りの準備をします

先ほどの4桁の番号を書いた紙を顔の横で持って自撮りを行います。

【📷】を選択して自分の写真を撮る

【続行】を選択する

マイナンバー関連書類を選択する

以下の1つの個人番号を証明する書類が必要です。

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 個人番号が記載されている住民票
  • 現在、日本に居住していない

マイナンバー通知カードの場合

今回は、マイナンバー通知カードの場合を紹介します。その他の書類でも同様です。

一覧から「マイナンバー通知カード」を選択します。

[↑]を選択して表面の写真を撮る

【続行】を選択する

スマホの作業が完了しパソコン作業

以上でスマホ作業が終了です。

【スマートフォンで手続きを完了させました】を選択する

パソコン作業の続きを行います。

送金の目的を選択し【送信する】を選択する

送金の目的を選択し【次へ】を選択する

【確認して続行】を選択する

送金金額と送金相手を確認して送金処理予約を確定してください。

 

利用規約を読み☑し【確認】を選択

【送金手続きへ進む】を選択する

【入金方法】を選択し、【送金手続きへ進む】を選択します。

以下の①⇒②の作業になります。

①送金人の銀行口座

②送金人口座の国のTransferWiseの口座
(↓)
③相手国のTransferWiseの口座

④海外の受取人の銀行口座に振込

送金人の振込先口座に振り込みする

「会員番号」を振込時に、振込名義人の名前の後ろに追加して振り込みを行います。

Right Caption
自分の銀行口座などから指定の振込先口座に入金を行います。「会員番号」を振込時に、振込名義人の名前の後ろに追加して振り込みを行います。「振込名義人名」+「会員番号」

【振込を行いました】を選択する

銀行振込が終わったら【振込を行いました】を選択する。

手続き中になる

トップ画面に移動し、処理状態が表示されます。

入金が完了する

正しく入金が完了するとメールが届く

受取人の

 

受取人のアリペイ(Alipay;支付宝)に跨境汇款(Global Remittance)ミニアプリが登録されると送金が完了する。

受取人に振り込まれる

受取人のアリペイアカウントに「送金のお知らせ」が届きます。

受取人がアリペイからの通知に「了承」すると送金処理が始まり、指定の金額が降り込まれます。

終わりに

以上で振込の完了です。一度送金した相手は登録が可能なので、次からは簡単に送金が可能になります。

Posted by shoutan