ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ

青物釣りで必須のナブラへのアクション方法とおすすめスピンテール・ミノー・ジグを紹介。

その他その他

明朝からナブラを追いかけて鳥や水面を注視して探すのは釣り人、大物の魚に追われ水面にワチャワチャと小魚が逃げ回っている様子です。

ナブラやボイルが発生すると、青物のヒット率が格段に上がります。

ナブラが爆発する

ナブラの様子は以下の状態です。

おすすめジグ

40g~30gのジグは、地合いなど潮の動くタイミングや水深がある場所で多用しています。

30gが基本の重さだと考えています。余裕があれば40gと向かい風の激しい時様に60gといったイメージです。

塩があまり動かないタイミングや水深が低い場所では30g以下のジグを使ったりタングステンジグなどを使っています。

鉄板バイブレーション、スピンテールジグ、ミノー、プラグを一通りそろえると安心できますが、初めは鉄板バイブレーション、スピンテールジグから始めると楽しいと思います。

ジャクソン 飛び過ぎダニエル

堤防から初めて90cm超のブリを釣った入魂のルアーで、堤防から青物釣りにハマったのはこのジグ。

 

ハヤブサ ジャックアイマキマキ

投げて巻くだけで初心者でも釣れると一時期に釣具店から品が無くなり取り寄せになった大ヒットジグで、船釣りや別の堤防から青物を釣り上げたジグ。

釣れると思う自分の仕掛けをチョイスしてくださいね。

基本はイワシカラーや赤金です。

ナブラへのアタック方法

基本アタック

ナブラが発生しているど真ん中に、ジグやミノーなどを投げ込むと魚は外的・鳥などと脅えて逃げて行きますから回避すべきアタックです。

ナブラの後ろ数メールに着水させてナブラの中を高速巻きさせます。

表層・中層を狙う

早巻きやジャークなどで魚を誘います。

その際に水面付近や中層を狙ってジグやミノーを通していきます。

沈める

大型魚は小魚のいるナブラの下から上に向かって捕食する傾向があるので、ジグやミノーを海底に沈めてリフト&フォールの上げて沈めて喰わせのタイミングを作ります。

左右から通す

ナブラか外れた傷ついた小魚を演出する為に、ナブラの側面左右どちらかから通す方法もあります。

ルアーサイズ

ナブラの魚の大きさが分かれば早いのですが、喰わなけれなジグやミノーのサイズを下げたり、軽いジグやミノーに変更する事も有効だと思います。

終わりに

堤防からナブラに出会うのは難しいのですが、変更サングラスをしてしっかりと海面を眺めて下さいね。

初めは、風とナブラの区別が難しいですが見ているうちに慣れてくると思います。

それでは行ってらっしゃい

ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
クリックありがとうございます。

Posted by shoutan