サイト内検索

ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ

サーベルマスター ドラゴンの餌の付け方

その他その他

タチウオテンヤに比べてシルエットが小さいサーベルマスター ドラゴンの餌の付け方を紹介します。

餌の付け方

餌は何でもいいですが、サバやサンマの切り身が一般的です。スパイラルサンマを小さく切っても良いと思いますよ。

今回はケイムラサンマを使用しています。小さく細く切ってあるので、サーベルマスター ドラゴンなどに便利です。

餌は、解凍した状態でないと、フックに刺したりするとちぎれ易いので注意。

1.皮から刺す

餌の先から1cm程度の所に皮面に突き刺し、貫通させます。

2.皮の裏から刺す

芯棒部分まで餌を差し込んだ後に、切り身を裏返す(反転)させて、皮の裏側(身の部分)から突き刺し貫通させます。

3.皮から突き刺す

芯棒部分まで餌を差し込んだ後に、切り身を裏返す(反転)させて、身の裏側(皮の部分)から突き刺し貫通させます。

4.エサフックを刺す

サーベルマスタードラゴンのヘッド(頭)部分から心棒部分に真っ直ぐになる様に餌を整えて、エサフックを餌が身ズレしないように固定させます。

餌が真っ直ぐに刺せず曲がって居ると、水中でクルクルと回って絡んだりするので注意して下さい。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます!

多くの方に読んでもらい、この情報を広めて頂きたいので、ぜひTwitterやFacebookなどで[シェア]をお願いします。

ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ

クリックありがとうございます。

Pickup!会計ソフト「MFクラウド確定申告」は白色・青色確定申告がずっと無料!

Posted by shoutan