青物釣りのランディングシャフト&ギャフ

2017年11月20日

ヒラマサやブリなどの大型青物を狙ったショアジギングの釣りにおいてランディングが一番重要となる。堤防が高い所が多い為、私は、全長7mが一番良いと思う。短ければ届かず青物が逃げる可能性が出てくるからだ。

公園などの落差がそれ程無い場所なら全長5m~6mタイプで良いと思う。しかし、堤防の上から使う場合は最低でも7m以上は必要です。
関連記事警固屋堤防の上から使う場合は最低でも7mは必要です。
ショアジギングでブリ釣り/警固屋(広島県呉市)

青物釣りのタックルはヘビーなものが多く、磯などでランディングの際には、強引に振り上げて魚を強引にずり上げる事が多いけど、90㎝を超えや10Kgクラスの様な大型青物が掛かった際にはギャフでランディングする。

Ads by Google

Ads by Google

ランディングシャフト

DXR 玉の柄 70

標準全長:6.95(m)
サイトDXR TAMANOE

ダイワ(Daiwa) 玉の柄 DXR 700
by カエレバ

アルファタックル(alpha tackle) シャフト 700

アルファタックル(alpha tackle) シャフト 700
by カエレバ

テイルウォーク(tailwalk) CATCHBAR 改 700

テイルウォーク(tailwalk) CATCHBAR 改 700
by カエレバ

ギャフ

ナカジマ パワーギャフ

シングルフックはコンパクトで持ち運びが簡単です。フッキング時に一点に力が集中するため、より深く魚にフッキングが可能だ。

ナカジマ パワーギャフ ジャンボ
by カエレバ

ベルモント(Belmont) ゴールドWギャフ

初心者にオススメ。ダブルフックは持ち運び時に幅を取りますが、フッキング時に二点に力が集中するため、浅く魚にフッキングされる可能性が高いが、当然魚がフックに触れる数が増える。

ベルモント(Belmont) ゴールドWギャフ
by カエレバ

その他

Posted by shoutan