スマホよりも薄いマネークリップ財布「the RIDGE」 で長財布を捨てるレベル

メンズ服・ファッション小物メンズ服・ファッション小物

キャッシュレス社会へと言っても現金が必要な時はあるよね。薄く軽いマネークリップの様に使えるthe RIDGEを紹介します。

小さい財布「the RIDGE」

片手サイズの財布。ミニマリストやガジェット好きや海外に行く方にオススメ。
片手で任意のカードを出す事が出来るのでシンプルで手間が無い。分厚い財布やレシートで一杯の財布とはバイバイ。

収納できる容量:紙幣+15枚のカード

パッケージ

マッドブラックの外箱が高級感を出していますよ。

the RIDGE本体とトルクスドライバーが入ってます。

使い方の説明書

本体と簡単な説明書、ネジのゆるみやゴム交換時に使うトルクスドライバーが入っています。

財布本体

側の素材は、チタンの他にアルミニウム、カーボン、ポリカーボネートがあります。


マネークリップ

裏側にマネークリップがあります。


スキミング防止機能付きという優れもの。

カードはゴムの伸びるかぎり何枚でも挟めます。

the RIDGE の半円状の切り欠きの部分の凹み箇所を押すとカード類を取り出します。

免許証、保険証、クレカ、キャッシュカード、

遠隔スキミング対策済み

購入時にあらかじめカードが2枚入っています。このカードを外側にすることで自分のカードに傷が付くのを防ぐぎ、「the RIDGE」は、遠隔スキミング対策としてRFID Blocking(非接触型カード防犯)機能を備えている。

Left Caption

沈黙さん

傷を防ぐほうを取るか、薄さを取るかは個人の判断に寄るけど、私は入れて使っているよ。

スキミング犯罪とは?
カード情報を読み取る特殊な装置で他人のクレジットカードなどから情報を抜き取り、偽造カードで現金を不正に引き出すなどの行為。非接触型カードは、カードがカバンの中に入っていても、スキマーをカバンに近づけるだけで情報を読み取る事が可能。電波の送受信を妨害する財布やカードケース入れるだけで非接触型のスキミングを防止出来る。

デメリット

小銭が入らない

カードケースとマネークリップと言う作りの為、カードとお札しか挟むことが出来ません。小銭は小銭入れを別に持つかポケットに入れるか、寄付するなどの方法しかないので、お釣り問題が発生します。

Left Caption

沈黙さん

小銭は入れられませんが、殆ど現金を使う機会は自販機ぐらいなので問題はありませんでした。

お札を折る必要がある

長財布なら、お札をそのまま収納が出来ますが、マネークリップの場合4つ折りする必要があります。

Left Caption

沈黙さん

お札を折る事に抵抗がある方には不向きで、少し手間だと感じました。

電子マネーの手間

電子マネー(Edy、QUIC Pay、nanaco、iD、Suica、WAON)を使う場合、ケースからカードを2㎝程度スライドさせる必要があり手間です。

Left Caption

沈黙さん

AppleユーザーならApple Watch・iPhone 7から搭載された「Apple Pay」に、Androidユーザーなら「Google Pay」に電子マネーを搭載出来るのでストレスフリー。

the RIDGE

アメリカで有名ブランドが作ったカードとほぼ同じサイズのサイズ【the RIDGE】はどうですか?

by カエレバ

 

Posted by shoutan