【BigFive(ビッグファイブ)・テスト】心理学的に最も根拠の高い性格診断テストの自動計算

健康の計算健康の計算

※このフォームを操作したデータ・操作など当サイト(https://morifuji.me/wp)は何の記録もしておりません。
※データ(履歴)は利用者の端末のクッキーに保存されますのでクッキーを消去すると履歴も消えます。
※安全な入力フォームを作成するので時間が掛かります。表示されるまでお待ちください。

ビックファイブ・テスト

心理学的に最も根拠の高い性格診断テストです。

全10問あります。以下の問いに対して1~7の数字を選択して下さい。

1・・・全く当てはまらない
2・・・ほぼ当てはまらない
3・・・どちらかといえな当てはまらない
4・・・どちらでもない
5・・・どちらかと言えば当てはまる
6・・・ほぼ当てはまる
7・・・まったく当てはまる

それぞれの傾向をどれくらい持っているかで、その人の性格を表し、数字が必ずしも高い・低い事に関係が無く、傾向ですから長所と短所と言う意味合いが大きいです。

BigFive傾向特徴
開放性(社交性)新たな知的、美的、文化的な経験に開放的な傾向
  • 好奇心
  • 創造性
  • 審美眼
誠実性責任感があり計画性があり勤勉で真面目な傾向
  • 熟慮
  • 粘り強さ
  • 自己コントロール
外交性自分の興味関心が外界に向けられる傾向
  • 社交性
  • 陽気さ
  • 積極的
協調性利己的、利他的でもなく、バランスを取り協調的な行動が出来る向
  • 優しさ
  • 思いやり
情緒安定性感情的・情緒的で不安定な傾向
  • 精神の安定性
  • 不安

更に詳しく知りたい方は、パーソナリティや動機付けをテーマにした心理学分野で世界的に有名な研究者。大学教育界のノーベル賞とも呼ばれる「3Mティーチング・フェローシップ」受賞されたブライアン・R・リトル (Brian R. Little)さん著書の「自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義」がおすすめです。

Posted by shoutan