エラー#DW6VB36が出てインターネットが出来ない場合の回避方法とMozilla Firefoxのタブの保存と復元方法

2017年8月19日

インターネットを利用していると突然ポップアップ表示でMicrosoft社を偽装したwebページが出て他の作業が出来なくなってしまう。タブをリアルタイムで記憶して再起動時にはタブを選択して復元をしてくれるアドオンを紹介します。

普通の方法では回避不可能

再起動しても同じ表示がされ操作不可能で、又は、Mozilla Firefoxが突然終了してタブの保存が上手く出来ない場合が多いですよね。


タブの保存と回避方法

  1. セッションマネージャ】のアドオンをインストールします。
  2. 現在のwebブラウザを強制終了させます。(タスクマネージャー起動⇒利用している【webブラウザ】を選択し、右クリック⇒【タスクの終了】をクリック。)
  3. 再度webブラウザを起動させます。
  4. 【セッションマネージャ】が自動起動します。
  5. 読み込みウィンドウが一覧表示されます。
  6. 読み込みして欲しくないウィンドウを選ぶ⇒読込【☑】を外します。⇒【セッション復元】を選択します。
  7. 必要なウィンドウのみを起動する事が出来ます。