クレジットカードよりもPayPayで最大10%還元でお得。Apple Pay(アップルペイ)の設定方法

日本では、iPhone7以上やApple Watch2以上などで使えるApple Pay(アップルペイ)でカード支払い出来る場所が少なく、使うメリットを感じにくいと思います。

海外になると便利さを実感できるApplePayでカード支払いですが、QRコード決済の方が3重にお得なのでおススメです。

このマークが目印!

2019年10月1日の消費税率引上げに伴いキャッシュレス対応で最大5%還元を受ける事が可能です。

還元期限:2019年10月1日~2020年6月

対象の店舗で、クレジットカード/デビットカード・電子マネー・QRコードなどを使うとポイント還元が受けられますが、方法によっては損をします。

一番お得な方法

3重とりが可能なのはQRコード決済です。

  1. 最大5%還元
  2. QRコード決済の還元サービス
  3. クレジットカードでQRコード決済へ入金によるポイント取得
60分でわかる!キャッシュレス決済最前線

キャッシュレス研究会/山本正行 技術評論社 2019年02月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

ポイント還元対象店舗検索

QRコード

QRコードの各社が追加のポイント還元サービスを行っています。その中でも10%還元+クレカポイントの【PayPay】が利用可能な店舗が多くクレジットカードや銀行と連携した場合の還元が高いです。

サービス 楽天ペイメント メルペイ au PAY j-CoinPay LINEPay PayPay OrigamiPay
上限設定 25,000ポイント/決済 30,000ポイント/月 30,000ポイント/月 15,000ポイント/月 30,000ポイント/月 25,000ポイント/月 2,000ポイント/決済
推薦 楽天利用者 メルカリ利用者 au利用者 LINE利用者 全員

クレジットカード

基本的に損です。

サービス 楽天カード JCBカード イオンカード アメリカン・エキスプレス・カード
上限設定 15,000ポイント/月 15,000ポイント/月 15,000ポイント/月 135,000ポイント/9か月
推薦 楽天利用者 JCB利用者 イオン利用者

電子マネー

基本的に損です。

サービス nanaco WAON 楽天Edy
上限設定 50,000円/チャージ 15,000ポイント/月 2,500ポイント/決済
推薦 セブンイレブン利用者 イオン利用者 楽天利用者

Ads by Google

Ads by Google

PayPayの設定方法

損をしない為のPayPayの決済アプリの設定と使い方

Apple Payに対応している国際ブランド

Apple Payに登録できるクレジットカードの国際ブランドは3つです。

  • JCB
  • Master
  • AMEX(アメリカン・エキスプレス)

Apple Pay(アップルペイ)

1つのデバイスに対して、最大8枚までカードを登録できます。

Apple Pay(アップルペイ)の設定方法

    1. iPhoneの「Wallet」を選択
    2. 【+】を選択
    3. 【続ける】を選択
    4. カードの種類(カード・交通系ICカード)を選択
    5. 白枠内にカードの表面を写す
    6. カード情報を確認して、【次へ】を選択
    7. 有効期限・セキュリティコードを入力して、【次へ】を選択
    8. 利用条件で【同意する】を選択
    9. カードの追加が完了
    10. カード認証にてSMSかカード会社に発信する方法が表示
    11. SMSの場合は認証コードを入力・カード会社に発信する場合は、カード会社に電話しApplePayの為に電話したと伝える
    12. アクティベート完了

Apple Pay(アップルペイ)が使える場所

コンビニや家電量販店など多くの場所で利用可能です。特にQUICPayやiDやスイカが使える場所なら利用する事が出来ます。

Apple Pay(アップルペイ)の使い方

  1. 支払い時に『QUICPay支払い』や『iD支払い』と伝えるとスムーズです。
    Apple Pay支払いと言うと意味が伝わらない場合が多いです。
  2. レジにある決済端末にスマホをかざす。
    iPhoneの電源を早く2度押しで決済画面になります。

終わりに

海外から愚策と言われる消費増税を行う日本ですが、私達が選んだのが増税派だったのですから、何も言う事はありません。合理性など関係なく無関心の結果かもしれません。

北朝鮮のミサイル報道よりも消費増税報道を期待しましたが、軽減税率対象のメディアの皆様を期待する事は出来ませんし、彼らは保々外資なので彼ら自身に権限もないのが実情でしょう。

不幸に絶望が重なる日本において1円でも損をしない方法は、PayPayなどの決済の導入が必要になってきました。

そもそも、キャッシュレスの為の増税などあってはならい事だと考えますが、プロパガンダやスピンコントロール下にある我々が得られ情報は、中国同様に限られていますね。

天皇家の利権である日本円も外資によって砕かれ資金決済法や関連法案が改正された日本は1国で複数の法貨になる未来が近くなりました。

1円=1ポイントの時代から1ポイント=10円の時代になった時に、日本円を使う日本人は少数派になるでしょう。ポイントなら利子が10%付き、現金の利子はマイナスの場合特にも現金派は減るでしょう。

お金の未来年表

朝倉 智也 SBクリエイティブ 2019年07月08日
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

これらのコスト削減は正直誤差だという事は知られていません。本丸は特別会計ですが、そこは正に聖域であり立ち向かった人は全て倒れてしまいました。

繰り返しますが、「キャッシュレス化が遅れている」理由で増税を容認する認識は間違っていると思うのです。