エギングロッドの選び方とエギング便利グッズ4選

春夏秋冬いつでも楽しむ事が出来るエギングは、竿とエギさえあれば良いので釣り人口も増えている。

エギングを始めたい方も、もうワンランク上のロッドが欲しい方の為に紹介する。

Ads by Google

エギングロッド

エギングロッドは軽さ×長さ×張りの三要素が重要

軽さとは、一日中ロットをシャクル動作を一日中繰り返すハードな一面がある。重いロッドなら3時間が限界と思うので軽量がマジでおすすめ

重いと腕に負担が掛かり、次の日に支障が出るから、エギング専用の軽量化されたロッドが良い。

長さとは、エギングロッドの標準的な長さが8~8.6フィートと言われている。長ければシャクり難くて、短ければ操作性に欠けるので標準的な長さのロッドを購入すると良い。

張りとは、ロッドの曲がりからの復元力であり、シャクリ動作や細かいアクション動作で張りが無ければ、竿が吸収してしまいエギが思うように動かに=釣れない事になる。

だからシーバスロッドで兼用する方も居るが張りの違いがあるのでエギング専用ロッドがおススメなのは間違いない。

初心者の初めの1本

ダイワとシマノは2大メーカーで今回おススメするのはダイワ製!エメラルダスシリーズはエギングロッドの中でも扱いやすいモデルでカーボーンテープがX状に編み上げられたロッド(竿)で強度も軽さも同時に実現した一本で1万円台と最初の1本としておすすめ。

ダイワ ロッド エメラルダス MX SHORE アウトガイドモデル 86MH
by カエレバ

中級者の1本

メンテナンスのサービスで定評があるシマノ製のロッド(竿)で、セフィア CI4+は軽量でありながらコストパフォーマンスが高く2万円台で手に入るコスパなロッド。

シマノ エギングロッド セフィアCI4+ S806MH
by カエレバ

上級者の1本

最強の最高の1本の欲望を満たしてくれる1本で6方向にカーボン繊維を編み込み98gと言う軽さだ

Graphiteleader(グラファイトリーダー) ロッド Super Calamaretti Esagonale GOSCES-832M-T
by カエレバ

Ads by Google

便利グッズ

エギングを楽しむなら1000円程便利グッズ度で手に入る便利グッズを紹介します。

YAMASHITA エギ王イカ締め

エギングと言えばYAMASHITAと言うほど有名メーカー!そこから販売されているイカ締専用のアイテムでエギの曲がった針を直せる機能も付いているので便利。
しかも1000円以下で安いので夜で無くしても財布に優しい
カラーは蛍光、ピンク、イエローの三色

ヤマシタ(YAMASHITA) イカ締めピック エギ王 イカ締め
by カエレバ

DAIWA ルアーフックホルダー

エギングはイカを求めて次々と場所を変えて釣りを楽しむランガンスタイル
その際に毎回エギを脱着を繰り返すのは時間の無駄でイカを逃してしまう

エギをロッド(竿)に常着しておけるアイテムで移動が楽になるし船釣りならエギが暴れる事が無くて安全

出典元・引用文献:Amazon|ダイワ ルアーフックホルダー ブラック

ダイワ ルアーフックホルダー ブラック
by カエレバ

ナカジマ イカラビーナ

エギホルダーよりも、ベルト通しやショルダーカバンにカラビナ付きのフックキャップで腰にぶら下げた状態や海水で濡れた状態でケースにしまいたくない方におすすめ。

しかも1個150円!

エギ用カラビナ付フックカバー ナカジマ イカラビーナ Mサイズ 6色セット
by カエレバ

ダイワ「エメラルダス UVライト」

グロー(夜光)系のエギに照射することで、エギを発光させてアピールが増す

マジで釣果に影響が出るので一つあると安心

ダイワ エメラルダス UVライトa
by カエレバ

コメントを残す