WordPressテーマ「Luxeritas」の子テーマ(Luxeritas Child Theme)を最新バージョンにアップデートする手順を詳しくわかりやすく解説します。

WordPressWordPress

このサイトのワードプレスのテーマは、Luxeritas(ルクセリタス)が使われています。今回は、子テーマ(Luxeritas Child Theme)を最新バージョンにアップデートする手順を詳しくわかりやすく解説します。

子テーマのアップデートの前に

バックアップの必要性

親テーマと子テーマを利用している方は、子テーマを編集する事で親テーマにその変更を反映させるシステムです。

ですから

今迄に外観や見た目などの変更を行っていると思います。今回のアップデートでその変更点がすべて削除されます。

変更点を削除されない為には

子テーマで変更された部分を全てバックアップしておく必要があります。

なので

  1. (旧)子テーマのバックアップ
  2. (旧)子テーマのアップデート
  3. アップデートした(新)子テーマへ(旧)子テーマのバックアップから復元

上記の作業が必要になります。

必ず作業を始める前に事前に必ずバックアップを取りましょう。

バックアップの種類

主に3つのバックアップが必要です。

  1. Luxeritas 管理画面からののバックアップ方法
  2. カスタマイズしたバックアップ方法
  3. デザインファイルマネージャーをバックアップ
Left Caption
エディターなどで編集できないところを直接変更を加えた箇所もバックアップしてくださいね。
(例)「Luxeritas 定型文登録」の定型文データ、画像保存ファイルの画像データ、

Luxeritas 管理画面からのバックアップ方法

【手順1】Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>管理機能>バックアップ 」を選択します。

Luxeritasでは、バックアップ機能が用意されていて、3つのバックアップを取る事が可能です。

タイトルファイル名
全カスタマイズluxe-customize.json
外観luxe-appearance.json
子テーマluxech.zip
画像中の4「全バックアップ」、5外観のバックアップ」、6「子テーマのバックアップ」それぞれをダウンロードしてください。

カスタマイズしたバックアップ方法

子テーマの編集のバックアップ

子テーマを更新作で今迄に追記したcssや広告スクリプトなどが全て消えます。必ずバックアップを作成する必要があります。

【手順1】Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>子テーマの編集」を選択します。

写真中の各タブ[3]毎に[4]のテキストを全て選択して、テキストエディタ(サクラエディタなど)で保存します。
  • style.css
  • luxech.js
  • add-header.php
  • add-footer.php
  • add-analytics-head.php
  • add-analytics.php
  • functions.php
  • add-amp-body.php
  • style-amp.css
  • editor-style.css[/su_column][/su_row]

デザインファイルマネージャーをバックアップ

親テーマの「Luxeritas 3.0.0」以降に実装されたデザインファイルを利用されている方は、各種バックアップを行って下さい。

【手順1】Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>デザイン選択>デザイン選択>外観のバックアップ」を選択します。

【手順2】「デザインファイルの作成」「style.css」「style-amp.css」を選択します。

「style.css」「style-amp.css」タブでテキストエディタ(サクラエディタなど)で保存します。

子Luxeritasのアップデート方法

Luxeritas にアップデートするには、2つの方法があります。

  1. FTP 等で直接ファイルを上書きする
  2. ダッシュボードからアップデートする
[2]の方法が一番簡単なのでおすすめです。

[1]FTP 等で直接ファイルを上書きする

【手順1】公式サイトから子テーマ(Luxeritas Child)をダウンロードします。

【手順2】Luxeritas Child Theme の zip ファイルを解凍します。

【手順3】FTP ソフトなどを使って、[/wp-content/themes/luxech]ににファイルを上書きします。

関連記事 FTPについては、過去記事の「お名前.COMサーバーからwpX(エックスサーバー)に移転(引越し)手順」の中の【公式サイトからWinSCPの【DOWNLOAD WINSCP】をクリックする。】を参考にして下さい。

[2]ダッシュボードからアップデートする

主な手順は、古い子Luxeritasテーマの削除と新しい子Luxeritasテーマのダウンロードと有効化です。

別のテーマを有効化

【手順1】Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>外観>テーマ>有効化 」を選択します。

子テーマ削除しないとアップデート出来ないので、一度別のテーマを「有効化」させます。

子テーマの削除

【手順2】Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>外観>テーマ>テーマの詳細 」を選択します。

【手順3】右下の「削除」を選択します。

再度、子テーマのバックアップを確実に取っているかを確認してから、「削除」します。

【手順4】ダイアログボックスの「OK」を選択します。

子テーマの有効化

【手順5】公式サイトから子テーマ(Luxeritas Child)をダウンロードします。(解凍不要)

【手順6】Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>外観>テーマ>新規追加 」を選択します。

【手順7】「テーマのアップロード>参照 」から先ほどダウンロードした【Luxeritas Update】 をテーマとして追加 します。

【手順8】「今すぐインストール 」 を選択します。

【手順9】「有効化」を選択します。

【手順10】有効になって正常に表示しているか確認をして下さい。

以上で子テーマの更新作業が終わりです。

Luxeritas 管理画面からの復元方法

Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>管理機能>バックアップ >「全てリストア(復元)」を選択し「luxe-customize.json」を復元させます。

タイトルファイル名
全カスタマイズluxe-customize.json
外観luxe-appearance.json
子テーマluxech.zip

復元が成功すると以下の表示がされます。

カスタマイズした復元方法

子テーマの編集の復元

子テーマを更新作で今迄に追記したcssや広告スクリプトなどが全て消えます。必ずバックアップを作成する必要があります。

Word Press(ワードプレス)ダッシュボードの「Luxeritas>子テーマの編集」を選択します。

写真中の各タブ[3]毎に[4]のテキストを前回保存したテキスト全て選択してペーストして、「保存」します。
  • style.css
  • luxech.js
  • add-header.php
  • add-footer.php
  • add-analytics-head.php
  • add-analytics.php
  • functions.php
  • add-amp-body.php
  • style-amp.css
  • editor-style.css[/su_column][/su_row]

ダイアログボックスが表示されるので【このページから移動する】を選択します。

保存が成功すると以下の表示がされます。

終わりに

子テーマのアップデートは、特段の事情が無い限り必要がありません。

また、親テーマのバージョンが【3.x】で子テーマのバージョンが【2.x】でも問題なく利用が可能です。

Posted by shoutan