【Google AdSense】ページ単位のポリシー違反(規約違反)の対処・解決方法

WordPressWordPress

Google からポリシー違反しないように普通の記事をを書いていましたが、警告メールが届きました。

内容としては比較的軽度なもので「ページ単位の違反措置」という事で一部の広告が制限されるに留まりました。

Googleからのメール

Google AdSenseからの以下の警告メールが送られてきました。

AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート

ポリシー違反の種類4つ

多くの場合が[ページ単位の違反]で、特定のページ内に禁止コンテンツ(文字・表現など)が含まれている場合に警告される場合が多いです。

ポリシー違反の種類以下の通りです。

  1. [アカウント単位の違反]
  2. [サイト単位の違反]
  3. [ページ単位の違反]
  4. [セクション単位の違反]

解決する方法は3つ

  • ポリシー違反の記事を無いもしない
  • ポリシー違反の記事から該当ページを修正または削除する
  • ポリシー違反の記事からAdSenseコードを削除する

何もしない

ポリシー違反していないと考えられる場合は、修正せずにそのままの状態で「解決済みにする」を選択します。

該当ページを修正または削除する

修正する手順は以下の通りです。

  1. 違反があったサイトのページを確認する
  2. 違反指摘箇所の修正または削除する
  3. 修正済みをGoogle AdSenseへ連絡する

すると7~10日程度でGoogle AdSenseから該当ページを審査して問題が無ければ広告が元に戻ります。

審査が完了すると以下のメールが送られてきます。

AdSenseコードを削除する

修正をしたくないページは、広告掲載をやめる方法もあります。

広告主にとって掲載したくないページはGoogle AdSenseにとっても収益源を意味しますので、該当ページに非掲載出来ればOKなのです。

修正手順

【手順1】『Google AdSense』のページにアクセス

【手順2】「Ξ>アカウント>設定>ポリシーセンター」を選択する

【手順3】問題のあるサイトの詳細が表示され、ポリシー違反の状況が記載されています。

【手順4】「∨」を選択する

ページに関する問題リンクと問題点が指摘されています。今回のポリシー違反の理由は、「問題:アダルト コンテンツ(性的な内容)」が該当し「広告配信ステータス:需要の制限」となっています。

ページに関する問題

ページに関する問題は個々のページに影響します。たとえば、ページのステータスが [広告配信の無効化] となっている場合は、そのページに広告が表示されていないことを意味します。ページのステータスが [需要の制限] となっている場合は、そのページに掲載される広告が少なくなることを意味します。

: トラフィックが非常に少ない(例: 1 日あたりの広告リクエストが少ない)ページはポリシー センターに表示されませんが、お客様の責任で収益化対象の各ページがプログラム ポリシーに準拠するようにしていただく必要があります。

【手順5】【解決方法】タブを選択します。

状況と対応策が記載されています。

今回の場合だと、①広告制限を私が許容できれば対応は不要。②コンテンツ内容の修正・削除して審査リクエストする。➂修正をせずに審査リクエストする。方法が用意されています。

【手順6】【違反について】タブを選択します。

制限事項の全文(例を含む)】からコンテンツと照らし合わして修正箇所を探します。

【手順7】該当ページについて

私が見たところ問題点が見つかりませんでしたので、記事の修正なしで「審査をリクエスト」をしました。

指摘ページタイトル問題文問題画像
10249

海外旅行でSIMフリー端末にSIMカードを変えるタイミング

該当なし該当なし
10916【ヒラメ・アオリイカ・青物・ハマチ・ブリ】アジの泳がせ釣り仕掛けには、生餌ローリングが便利と針をかける位置該当なし該当なし
4154暗号化メッセンジャーアプリ【Signal】の友達を追加する方法該当なし該当なし
5783釣り人口の減少と釣りガールが壊滅的な理由の考察該当なし該当なし
7000

大畠神代漁港(山口県柳井市)の釣り場紹介

該当なし該当なし

再審査を依頼

【手順1】「☑」して「審査をリクエスト」を選択します。

【手順2】「☑」して「審査をリクエスト」を選択します。

【手順3】ステイタスが「審査中」に変わります。

アドセンスの審査で無事に修正の確認ができると登録メールアドレスにアドセンスのポリシー違反を解除したメールが届きます。

Posted by shoutan