ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ

巨大魚「ハクレン」を釣る!ジャンプが有名なその生態と釣り方を解説!

釣行速報釣行速報

「ハクレン」という魚をご存知でしょうか?

この時期の釣りは厳しいのですが、「ハクレン」を釣り上げた釣り仲間の釣果を報告します。

Left Caption
そんな厳しい季節でも、大きな魚をチャレンジしたいのが釣り人の宿命ですね。
…ハクレンは…よく知りません( ノД`)シクシク…

そもそもハクレンとは?

ハクレンは、中国大陸原産で体長が1メートルほどになる硬骨魚綱 コイ目 コイ科ハクレン属の魚で、日本で「ハクレン」「レンギョ」と言わています。

Right Caption
明治時代に食料難(第二次世界大戦中)に備えて中国から養殖用として日本に持ち込み、川に放流したものが自然繁殖しました。
中国の『中国四大家魚』のひとつで、アオウオ(青魚)、ソウギョ(草魚)、コクレン(黒蓮)、ハクレン(白蓮)のことを指します。

『中国四大家魚』の「家魚」は養魚の意味で、飼育が容易で池で飼えて雑草で育つので重宝されたそうです。

ハクレンの特徴

ハクレンの特徴は前述のように体長が1メートルほどになる事に加えて、繁殖期には白波を立てながら集団で飛びまわる光景は圧巻です。

Right Caption
白銀色の魚が飛ぶのですから凄そうですよね。

ハクレンの生息域

今回は関東方面でシーバス狙い中にハクレンを釣ったそうですが、茨城県付近の利根川水系、荒川水系、霞ヶ浦水系が一番有名な釣り場となっています。

ハクレンは、禁漁の期間(利根川などでは産卵期から初夏)が定められているので注意が必要です。

釣り方を解説

ハクレンの釣る為のポイントとしては、

  • 日中に釣れる魚。
  • 植物プランクトンを食べる。
  • マッシュポテトを使った練りエサ。
  • 春から秋にかけて釣れる。
  • 雨台風が過ぎ去った後などに釣れる傾向がある。
  • 厳寒期は釣りにくい。
  • ハクレンは群れで生息。
  • 食べられます

釣り方の基本は、ヘラブナ釣りのように練り餌を使った浮き釣りのが一般的です。

釣果

ハクレンの釣果です。⇓⇓⇓立派ですねぇ~

Right Caption
釣り仲間さんは、スズキ狙いでルアーを打って踏ん張ってたんですって。

反応が無く釣り師の第六感でジグワームに変更した直後にハクレンがガブッ!!!

Left Caption釣り仲間
エギングロットだったのでただならぬ曲がり具合にビビりましたねぇ~』
Left Caption釣り仲間
『あとラインも細かったので、20分以上も時間が掛かってビビりました。』
Left Caption釣り仲間
『思いのほか力が強くて中々弱らなくて・・・。』

釣られたハクレンは、やさしくリリースされ、生息域に帰って行きました。

仕掛け

ハクレンは、大型のもので1mを超え重量が30Kgにもなる魚ですから、それなりのスペックのロッドを使う必要があります。

釣り仲間の様にシビヤなタックルの場合、ドラグ調整や細かいテクニックが必要になってきます。

鯉用ロッド 

シーバスロッドでもOK。

4000番台クラスのリール

ウキ

大型のハリ

針は13~15号程度。

マルキュー マッシュポテト

練りエサ。

終わりに

普段は海水魚を対象に釣りをしていますが、淡水魚やシーバスなどに興味がある方の気持ちが分かった気がします。

ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
クリックありがとうございます。

Posted by shoutan