iPhoneで動画撮影(YouTube・Vlog)の機材一覧

動画投稿の認知が上がって、写真だけでなく動画を気軽に投稿する方が増えてきました。

ラジオが廃れたのはテレビが誕生したから
音声+映像の情報量の差
テレビが廃れたのはスマホのが誕生したから
映像+音声+携帯性の差

皆で一緒に見るテレビから、個々が別々に見たいものを見る時代になった事で、動画を表示するプラットフォームがタブレットやスマートフォンになりました。

その中でもスマートフォン!

動画の半分近くはモバイルデバイス上で視聴され、スマートフォンで約4割消費されています。

スマートフォンに最適された短編映画の様な作品を作り込む
大分県の温泉PR動画/HD画質/約2分30秒

自分でも動画投稿しよう!と思っても難しいのは

何を使って撮影すれば良いのか分からない!

同感です

映像作品を見せたい場合は、ある程度の動画クオリティが求められると思います。

旅行撮影必要な機材

  • コンパクトさ
  • レスポンスの速さ
  • 撮影バリエーション

一眼レフカメラ+スタビライザー

しかし初めからソコにトライするのは無理ゲーなので

動画など投稿したいと考えた場合、一眼レフやビデオカメラは不要だと思っています。

しかし

丁度良いクオリティが必要!そこで丁度良いのがスマホのカメラ機能です

最近のスマホカメラは手振れ補正も付いているのでベスト

Ads by Google

撮影機材

撮影環境

  • カメラ:iPhone6Plus
  • レンズ:iPhone6Plus標準レンズ/MOMENT WIDE
  • LENS18mm/MOMENT TELE LENS60mm
  • アプリ:FiLMiC Pro(1920×1080,60fps,32Mbps)

この環境下で撮影には広角レンズが、通常よりも一段広い画角でも撮影が可能です。

しかし、室内や車内ではワイドレンズで被写体との距離が少ない環境には会っています。

  • 12mm以下:【魚眼】【超広角】
  • 18mm~30mm:【広角】
  • 35mm~50mm:【標準】
    ※50mmは通常時の人間の目に最も近いとされている。
  • 100mm~300mm:【望遠】
  • 300mm以上:天体観測など

カメラ:iPhone6Plus

スマホカメラなら何でも良いです。

レンズ:Moment Wideレンズ18mm

スマホのカメラにクリップして使うカメラレンズ。難しい使い方は無く簡単なので誰でも利用出来ます。

マイク:RODE VIDEOMAIC GO

iPhoneでも撮影を難しくしているのが、音声収録になります。

コンパクトデジカメや一眼レフカメラでも同じなのですが、テレビやネット動画に比べて音質が圧倒的に悪い。特に屋外での撮影時に、音割れ、ノイズ、風切音、声が聞こえない!

動画を投稿するには最悪

この問題を解消するには外部アクセサリを使うと解決が出来ます。

イヤホンジャックに差して使うマイクです。

アプリ:FiLMiC Pro

年間最優秀iOS動画カメラアプリに何度も選出されているFiLMiC Proです。

FiLMiC Pro

1,800円
(2018.07.30時点)
posted with ポチレバ

あわせて読みたい

コメントを残す