【お名前ドットコムからMixHost】WordPress移転代行をMixHostに依頼した【手順4】SSL化後にの必要な対応

webサイトをSSL化したら、ブログの登録アドレス(URL)が変わった事を外部に教える必要があります。

特にGoogleに対する再設定なので必ず行ってくださいね。

Ads by Google

SSL化後に必要な対応

Google先生の指示通り
この段階で、サイトのSSL化対応が完全に終わりました。
http://morifuji.me⇒https://morifuji.me

アドレスが変わった事で、必要なブログの対応があるので紹介します。

内部リンク先の変更

MixHostの移転時にSSL化を頼んだので、この作業もMixHostに行って頂きました。

サイト内の記事やメディアへのリンクアドレスの対応が必要です。
内部リンクや画像リンクなどが該当します。

http://morifuji.me⇒https://morifuji.me へ置換

SNSやメディアの対応

TwitterやFacebookやYoutube、ブログランキング等必要なサイトのアドレスを変更しましょう。

Google Analyticsの対応

Google Analyticsを使っている場合、【デフォルトのURL】を変更する必要があります。
Google Analytics
左下の管理メニュー → プロパティ、からプルダウンで変更する。
【設定】を選択する。

【プロパティ設定】を選択する。

【デフォルトURL】の【http://】を選択し、ドロップダウンリストから【https://】を選択する。

【保存】を選択する。

Google Search Consoleの対応とクロール要求

Google Search Consoleにログインする。

【プロパティを追加】を選択する。

【プロパティを追加】ダイアログがポップアップされるので【サイトURL】を入力後、【追加】を選択する。

【確認】を選択する。

サイトは、既に以前http://~で運営をし、所有権確認用のトラッキングコードはサイトに埋め込まれている。

【続行】を選択する。

ダッシュボード画面に追加されました。

サイトマップを変更する。

ダッシュボード画面に追加された【URL】を選択する。

【現在のスターテス】の【サイトマップ】を選択する。

【サイトマップの追加/テスト】を選択する。

【サイトマップ追加/テスト】ダイアログがポップアップされるので、【サイトマップURL】を入力後、【送信】を選択する。

【アイテムを送信しました。】と表示されるので、【ページを更新する】を選択する。

登録したサイトマップが追加表示される。

Google Search Consoleの設定確認

AnalyticsとSearch Consoleで関連付けられているか確認をし、違う場合は再度登録をします。

【設定】を選択する。

【プロパティ設定】を選択する。

【Search Console】欄の【Search Consoleを調整】を選択する。

【削除】を選択する。

【関連付け削除】のダイアログがポップアップされるので、【OK】を選択する。

【追加】を選択する。

【ウェブプロパティ】を確認し、【リンクされているサイト】が【https://~】を確認し、【保存】を選択する。

【関連付けの追加】ダイアログがポップアップされるので、【OK】を選択する。

【Search Console】欄の【Search Consoleを調整】の【Search Consoleの設定】を確認する。

あわせて読みたい

コメントを残す