中国国際航空で『飛行機輸送でのハードケース破損』被害に合った

今まで幾度となく移動の為に飛行機を利用しているが、今回初めてハードケースの破損被害に合った。

だから、壊れたトランクの上にPCを置き記事を書いているよ

飛行機に多く乗る方や海外航空会社を多く利用する方なら一度は経験したり、知人が被害に合った経験を聞いたことがると思う。

Ads by Google

Ads by Google

ハードケース破損

実際に飛行機の預け荷物として預けた際に起こった画像

上部の取っ手付近が破損

側面部分が破損

底部車輪付近が破損

この状態で雨天だった場合、荷物内はビショ濡れになってしまいます。

本当に勘弁ですよね

手荷物預けが一番

一番の安全策は、手の届くところに置いて置く事で、手荷物として機内に持ち込み自分で運搬する事です。

預け荷物の場合、運搬方法も雑な場合が多くて投げる蹴る落下させるなど扱いはぞんざいな場合が多々くて
運搬時には雨、雪を受け、気温・湿度・気圧の変化が客室内と比べ劣悪な環境です。
機内からベルトコンベヤで荷物での扱いを見た事があるはず
大小関係なく荷物の上に荷物が積み上げられたりと、破損の要因は多々あります。
それでいて、預け荷物は保障の範囲外な場合が多いです。

注意点

客室に持ち込めない場合は、事故や破損の確立を下げる対策を行うと良いです。

具体的には、丈夫なハードケースを選びベルト鍵を掛ける、ケースを梱包する。

やはり丈夫なハードケースを選ぶ事が一番です。ソフトケースの場合は破損はありませんが、擦れや破れが置きますし、雨天に圧倒的に弱いです。

破損によって鍵が開錠してしまい中が溢れ出たなんて被害もあるのでしっかりガードしましょう。ベルトも様々なタイプがありますが、アメリカでは標準のTSAロック付きだと安心です。

by カエレバ

 

スーツケースカバーで破損を防ぐ事は出来ませんが、尖った先が当たった場合などの緩衝として少しは役に立ちます。

by カエレバ

 

レンタルと言う選択

年に数回しか飛行機に乗らない場合や、家に置いて置くと邪魔だと言う方には、スーツケースのレンタルがおススメです。

しかも、スーツケースレンタルは日本最大級の品揃え【アールワイレンタル】
ならスーツケースの破損事故等でも、無償にて対応されるので安心です。

これなら、スーツケース買わない方が良くないか?