中国人⇒日本の商品を代わりに買ってきてもらう心理とは

中国中国

中国人の知人がいる日本人は、頼みごとを直前に決めたり変更する事が日常茶飯事です。

中国人⇒日本の商品を代わりに買ってきてもらう

中国人の親戚や知り合いから日本での買い物を頼まれる機会がありました。

その注文も、直前に変更やキャンセルのメッセージが届くことがマジで多いです。

しかも、商品の詳細を知らない場合や数量が決まっていない場合もあるので、購入する時に店舗で電話や微信(日本のLINE的なモノ)でチャット連絡しながら買い物をする機会が多くなります。

つまり

店舗で中国人が電話している意味は、数量などの最終確認をしているのです。

直前に変更やキャンセルされる

中国の中国人からA~Gの商品購入を頼まれたします。その時点で、商品も数量が決まっている場合でも、購入が確定ではありません

  1. 店舗に行ってから現物を確認し、数量の在庫があるか確認を店員とします。
  2. 最終的な、価格と数量を微信(日本のLINE的なモノ)でチャット連絡をします。
この時に(税込)価格を言います。税抜きを言って購入時に金額が増えて喧嘩しました。

A~G商品毎に同じ作業を繰り返すのですが、場合によっては価格が高いから不要と購入キャンセルを言われます

店舗よりもネットが安いからネットで買って持って来いと言う場合もありますね。

私は、面倒なのでネットで購入する場合も多々ありますが、上記のやり取りは普通に見られる光景ですし、頼まれた商品を店舗で確認して連絡して本当に買って中国に行くのは、中国的な行為だよね。

やはり中国的な買い物

日本人同士なら、この頼み方はしないし事前に商品と数量を決めて店舗での連絡は程んどの場合で無い事でしょう。

だって相手の負担が増えるでしょう!?

終わりに

日本人と中国人での人間関係や頼み事の考え方が全く違うよね~

ちなみに10人に頼まれた10人全員に対応しないと、中国に行ってから絶望を味わうことになるよ。Xさんには勝って来たのにYさんには買わなかったと言われるからね。しかも、言われるだけで済まないの中国的だったりする(笑)

Posted by shoutan