ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ

2009年の新型インフルエンザと2021年の新型コロナウイルスのワクチンの死亡リスクを比較したら約3倍になった。

健康維持・増進健康維持・増進

2009年の新型インフルエンザと2021年の新型コロナウイルスを比較する事にどれほど意義があるか分かりませんが、普段許容しているものとの差を知る事で判断の参考になれば良いと思います。

新型インフルエンザと新型コロナウイルス

赤文字を見ると分かりやすいです。

稀に死ぬ確率が稀に高い事が分かります。

  • 新型コロナウイルスのワクチン接種後の死亡リスクが、新型インフルエンザ(H1N1)よりも高い。
  • 新型コロナウイルスについて、65歳以上のリスクよりも65歳未満のリスクの方が高い。
  • 新型コロナウイルスのワクチンは、全体で0.1965から0.1920へ減少している。
  • 新型コロナウイルスのワクチンは、65歳未満で2.860から3.003へ上昇している。
  • 新型コロナウイルスのワクチンは、65歳以上で1.849から1.953へ上昇している。

市民にとっては、新型コロナウイルスが本当に致死率の高いウイルスでなかった事が救の反面、私権の制限と中央集権化が進み、パニックにより利権を広めた方々の勝ちでしょう。

人生の暇つぶしにテレビは必要かもしれませんが、新コロナで心が疲弊するなら消して暮らした方が安らかです。

私の様に釣りに行って日光浴も良いと思います。

 

1日2人の陽性者数で騒いでいた2020年2月が懐かしく1000人が普通になりましたね。

2009年のインフルエンザ騒動と同じで今後は、テレビが騒がなくなった時に私達の戦いも終わるのだろうと思います。

それではまた

ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
クリックありがとうございます。

Posted by shoutan