【オススメ】美容と整形の漫画と映画

2017年4月25日

化粧は若さへの擬態であったり様々な見方も解釈もあるが、どちらにせよ女性には関心が高いトピックだ。現在では、男性も化粧をするようになってきた(仕掛けられたものだが)。美容などをテーマとした作品も数多くあるその中で綺麗に作られたものでは無く実社会的な側面を反映した作品を紹介する。

Ads by Google

Ads by Google

人は見た目が100パーセント【漫画】

全4巻で読みやすい。理系女子が真面目に美容をサイエンスする爆笑必須。

人は見た目が100パーセント(1) (KCデラックス BE LOVE)
大久保 ヒロミ 講談社 2014-07-11
売り上げランキング : 19132

by ヨメレバ

 

ヘルタースケルター【映画】

美容整形をテーマとした作品。
主人公の美しいさが、食事や運動などではなく全身整形とそれを維持する日々の努力によるものであって、その崩壊が描かれる。奇麗な事は正義か悪かと言う二元論を越えて美は、私達に自己評価を高くし自信を持たせる力の源なのかもしれない。他人に評価される事と実際にそれによって得られる社会的な対応の違いを客観的に認識できる。映像もとても美しい作品となっている。

ヘルタースケルター
by カエレバ

脂肪と言う名の服を着て【漫画】

ダイエットと過食の摂食障害にフォーカスした作品。
ダイエットの行き着く先は死だと思う。以前のトップモデルの標準は現在の基準よりも過酷だった。まさに服の為のモデルであり2次元の絵を具現化する存在と言えた。モデル達の痩せる事への際限が無い追及の過程で拒食症と戦い亡くなられた方もいる。ボディビルダーの徹底的な食事制限の果てに栄養失調で亡くなられた方もいる。この話題は尽きない。本作は、ダイエットの闇とも言える過食と拒食を繰り替えす主人公を通して再認識できる。

脂肪と言う名の服を着て-完全版 (文春文庫)
安野 モヨコ 文藝春秋 2009-10-09
売り上げランキング : 24932

by ヨメレバ

 

美容整形外科医山田美人【漫画】

美容外科医が色々な悩みを持った彼女たちを整形によって心の内面の変化が変わる事にフォーカスした作品。漫画なので活字が苦手な方にも手に取りやすいと思う。

美容外科医山田美人 1 (あおばコミックス)
さかた のり子 あおば出版 2003-01-16
売り上げランキング : 266775

Kindleで調べる
by ヨメレバ

 

カンナさん大成功です!【映画】

不細工ゆえに周囲から白い目で見られ冷遇され続ける主人公が、整形によって美人になり、今までと180度違う周囲の対応を描く。韓国の整形するよりも整形しなければならない程の壮絶な価値観も多くの方から共感され大ヒットした。同じ行動をしてもブスな時には注目も評価されず、美人になれば評価される。美人は3億円の価値があるとは言ったものだ。

整形した女は幸せになっているのか

顔の見た目が良いと言う事は、時代によって社会的な価値観も反映されるが、顔が左右対称である事に変わりが無く、これが遺伝的異常の少なさの証明に繋がっている為に子孫を残すパートナー選びの基準として無意識に選択しているとい論文もある。

整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)
北条 かや 講談社 2015-05-26
売り上げランキング : 208796

by ヨメレバ

 

終わりに

美容に欠かさないサプリメントは、コンビニやドン・キホーテなどで手軽に手に入る商品だ。安く様々な成分のタブレットがある。特定健康用食品(トクホ)や特定健康診査、特定保健指導などが今後市場を活性化する道具に使われていくことだろう。サプリとはなんだろうか、そもそも効能があれば医薬品だし、時間があれば日常の食事を見直す事から始めたいと思う。

Pickup!母が癌になった時に実行したこと【経緯】

後天的に成形によって美しい顔を手にする事は、その意味において何を頼って判断すればよいのか分からなくなると同時に、それによって自尊心も社会的地位も信用度も扱いも変わってくるのだから否定は出来ないし、就活を控えた学生なら、それによって人生が変わる事だってあるのだから。

急成長する「健康食品・サプリ」3兆円ビジネス
福崎 剛,鈴木 博道 ぱる出版 2008-05
売り上げランキング : 1247590

by ヨメレバ

 

Pickup!インスタグラムで年間2億2千万円稼いでる女の子と画像1枚アップするごとに30万円稼いでる女の子

インスタグラムやブログにアップされる写真や動画達は、日常であって非日常である。そこに食べ物が写っていたとしても、それを全部食べたとは限らないし、その後2時間30分もジムへ行ったかも知れない。私達が思う以上に彼女たちの日常は質素だと思う。
サイト「健康食品」の安全性・有効情報
サイト国民生活センター