【熱中症対策】アウトドアの暑さには経口保水パウダーが便利すぎる

暑さ対策,その他暑さ対策,その他

今年も眠れない日が続く夏。暑さに弱い私の場合は特に体調管理をしないとダウンしてしまう。体質的なものなので変えようがありませんが、対策は出来ますよね。

帽子やサングラスにUVケアなどがそれに該当すると思う。汗をかき続ける夏の季節では水分補給(ミネラル)が重要で悩んでいたんですよ。

Left Caption

沈黙さん

スポーツドリンクって甘いし、買いすぎて余ったら翌年まで邪魔になるという悪循環

最近はパウダーに変えてメリットが大きいと気づいたのシェアしたいと思う。

パウダータイプのメリット

経口補水液より経口補水パウダー選んだ理由は、たった3つ‼

  1. スポーツドリンクの甘すぎ問題
  2. 軽く持運びが便利
  3. 水はどこでも手に入る

スポーツドリンクの甘すぎ問題

皆さんも思いませんか?スポーツドリンクが激甘だって、個人差があるけど私達には甘すぎて何回も飲めないよね。

軽く持運びが便利

お茶やジュースと別に経口補水液を何個も持ち運ぶと、単純に重いっす。しかも邪魔だしさ。釣りが趣味なんだけど、車の駐車場から堤防まで距離がある場合が多くて、インスタントコーヒーやカップラーメン用の水と経口補水液を別に持つと、本気で重いからパウダーなら保々0Kgなんすよ。

水はどこでも手に入る

夏の自販機は、真っ先にスポーツドリンクが無くなります。必要な時に必要なモノが手に入らないの単純にリスクでしかない

熱中症になりそう~って思って自販機に行って売り切れだったら絶望でしょ!

水だったら公園でも、どこでも手に入りやすい状況があるから、神ナンスよ。

経口補水パウダーは神

3つの理由からパウダータイプを常備することにしたぞ。カバンの中や車のダッシュボードの中に常備させて炎天下も関係なく保管が出来るから便利だよね。

五洲薬品 経口補水パウダー W-AID(ダブルエイド) 50包
by カエレバ

使い方

使い方は簡単で、コンビニや自動販売機で500mlのペットボトルに経口補水パウダーを1袋入れて混ぜるだけ。
すごく簡単(笑)

ちなみに

  • 500mlに溶かすと薄味で、スポーツや屋外作業時の発汗に適した濃度
  • 300mlに溶かすとちょい甘、一般的な経口補水飲料と同等の塩分濃度
  • 200mlに溶かすと甘く、WFOの補水理論と堂々の電解質濃度

になるそうです。

最後に

この夏の水分補給にパウダータイプを選択してみませんか?

五洲薬品 経口補水パウダー W-AID(ダブルエイド) 50包
by カエレバ

Posted by shoutan