中国人のガチ食事を紹介!旧正月(春節)の時期と毎日の食事から過ごし方はコレ

中国での食事は何を想像しますか?

食事には国の風土や地政学的な要因から別の土地や国の人からすると驚く事があるでしょう。

Ads by Google

Ads by Google

毎日の食事

毎日の普通の食事は、特別な料理をせずに自然な料理をします。中国は広大で北と南でも食習慣が異なるので一概には言えませんが・・・

一般的な朝食は、包子(肉まん)や面包(パン)饺子(餃子)などや面(中華麺)等の場合もあります。私の場合、お粥で野菜粥・肉粥・豆粥など多くの種類があり、主に豆粥を食べていました。

飲み物と認識していましたが、豆浆(豆乳の豆感強め)牛奶(牛乳)も朝食に登場します。

Left Caption
家族によっては朝食は、外の店で買って家で食べる場合もあるので何を食べるのかは、出会う人や家族によって異なります。

旧正月(春節)とは?

春節は、日本の旧暦の正月を意味していて、旧正月と言われます。

日本は、明治維新後に政府が太陰暦を太陽暦(グレゴリオ暦)に変えてから現在の暦のように正月を迎える習慣となりました

この年越しイベントは春節を祝う国は中国以外も存在し、モンゴル、台湾、韓国、北朝鮮、インドネシア、ベトナム、ブルネイ、シンガポール、マレーシア各国で国家の休日として祝っています。

Left Caption
中国全土で春節に共通して食べられているものはありません。

風習

「圧歳銭」

红包」は、お祝い事で配られる赤い紙袋(電子マネーもある)に入ったご祝儀ですが、日本のお年玉と同じ「圧歳銭」が中国にもあります。その金額は、一人当たり数十万円に達し、その日だけで渡す側は数百万円が無くなります。

「赤い服装」

中国において年女・年男は厄年だから、「全身赤い服を着て春節から一週間は外出せずに過ごす」といった風習があります。

Left Caption
現在では完全に世代も人も少なくなりましたが、赤い靴下を履いたり赤いパーカー着る等は守っている人は多い印象です。
スーパーなどで女性用も男性用も下着から靴下まで赤色の衣類が販売されていて通年購入が出来ます。

街の装飾

中国の春節の飾りつけは、街や店を見ると赤色や金色や黄色を中心としてた派手できらびやかなです。

「福字」

福字とは「福」と大きく書かれた飾り物で、家の扉・門や壁に貼ります。

この福字は店や家によっては逆さまに貼る場合、「倒福:福が逆さま」が転じて「到福:福が来た」の意味を表すように願って張ります。

「春聯」

春聯は、赤い紙に各種縁起の良い対句を書いたものを、家の家の扉・門や壁などに貼ります。

「事業繁栄」や「家族の健康」などが記されています。

旧正月(春節)の過ごした方

過ごし方は、小年⇒除夕⇒大年初一⇒正月初五⇒元宵節で春節を迎えます。

小年:旧暦12月23日~25日

春節の準備を開始して大掃除をしたり春節の飾り物を購入して飾ったりします。

「除陳布新」と言い「古いものを片付け、新たにする」意味がある。また、「陈:古い」と「尘:ほこり」の発音が同じだから、悪い運気を追い払う意味も込められています。 そして、新年を迎える為に新しい服や靴を買ったりします。

除夕:日本の大晦日

私は一番好きなタイミングですが、日本の紅白歌合戦の凄く規模のデカい「春節聯晩会(中国中央电视台春节联欢晚会)」が生放送でテレビとネットで同時配信されます。

中国と言えば爆竹ですが、これは、魔よけなどとして古くから習慣があります。夕暮れから始まる爆竹は、0時の12時のタイミングで町中の爆竹や花火が最高潮になり一斉に打ち上げていきます。しかし近年大気汚染の悪化により、場所によっては規制が掛かっているので打ち上げには一様注意が必要です。

大年初一:旧暦1月1日~4日

新年を迎え日本と同じです。親戚の挨拶周りをします。

正月初五:旧暦1月の5日

この日も爆竹や花火が打ち上げて財神(お金の神様)を迎え入れる為に行います

元宵節:旧暦1月15日

新年初めての満月の日になります。この日には満月を意味する「元宵(中華白玉)」を食べて一家団欒(いっかだんらん)して過ごします。

この日が最後のお正月になり、約1か月間続くので、学校や会社も7日から最大で10日間は長期の休みのところもあります。日本から中国の旧正月に行く場合は、なんで日本は休みが無いんだと言われた事がありましたね。

旧正月(春節)の食事

中国の旧正月(春節)の時期には、多くの家族が集まって一緒に豪華な食事をします。

肉料理・鳥料理・魚料理・野菜料理など種類が豊富です。

北方では北京を含めた地域で「水餃子」を主に食べますが、南方では、米を主食とするので餃子の代わりに「汤圆」や「年糕」など、甘い物を食べる習慣があります。上海では、甘いもち米にナッツや餡を入れて蒸した「八宝飯」を食べますし、広東省では「髪菜蠔豉」の念珠藻と干し牡蠣の煮物が食べます。

水餃子

大晦日である「除夕」から家族が集まって餃子を作ります。餃子も粉から餃子の皮を作り丁寧に庵(あん)を包みます。この時に何個かにきれいに洗った1元硬貨を入れて作ります。食事の時に蒸して家族全員で食事をして今年の運勢を占います。自分が食べた餃子に1元が入っていれば金持ちになると言われます。

もち

大晦日である「除夕」から家族が集まって餅の準備をします。当日の朝からもち米を焚いて餅を作ります。その時に餡子(あんこ)も手作りをします。

食事の風景

Left Caption
最近の中国では、出来合いの物を注文したり有名店の料理をネット(スマホ)から注文して頼む事も増えてきました。文化的な習慣と利便性が拮抗していますね。

縁起物の食べ物

春節に食べられる食材は、日本のおせち料理の様に意味があります。

  • 餃子:中国の北方で、餃子を食べる。餃子の形が「元宝」(中国の昔の貨幣)に似ているので「富をもたらす」という意味が込められています。
  • :中国の南方で、細長い形状とから、長寿になるという縁起物です。
  • 白菜:財を成すという縁起物です。
  • 鶏肉:すべてが吉という縁起物です。
  • :豊かな生活になるようにという縁起物です。
  • もち:もちは「年糕」といい、同じ発音の「年年高」にかけて、「仕事と生活が毎年良くなるように」という意味が込められています。
  • 赤みの肉:幸運に恵まれるという縁起物です。
  • 春巻き:春を噛むという縁起物です。
  • 八宝飯:お祝いの席で食べられる縁起物です。

お祝いのメッセージとは

お祝いのメッセージにも定型文があります。

中国語 日本語意味
新年快乐 明けましておめでとうございます
恭喜发财 金運に恵まれますように
年年有余 ますます裕福になりますように
万事如意 万事思い通りにいきますように
心想事成 希望が叶いますように
生意兴隆 商売繁盛しますように
工作顺利 仕事が順調にいきますように

終わりに

いかかがだったでしょうか?

大連で北京で正月を迎えるのか、上海や三亜で正月を迎えるのかで違った正月の印象になりますね。

それでは、楽しい正月を!

中国

Posted by shoutan