ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ

【ZapierのInstagram→Twitter連携方法】Zapier(ザピアー) ツールの連携方法を徹底解説!

ネットサービスネットサービス

Zapierを使う事で、各アプリを連携させて自動化を行うことができます。
【Zapierの登録方法】を作業が終了した後に以下の使い方が出来ます。

Zapierの使い方(Instagram→Twitter連携)

無料アカウントで自動化させるので以下の手順が必要になります。

  1. Instagram→スプレッドシート
  2. スプレッドシート→Twitter

Twitterの仕様制限について

ここでは、Instagramに新規投稿されると自動でTwitterに写真とInstagramのURLと任意の文字が140字以内で投稿されるタスク処理を行います。

Twitterの文字数制限を回避するために、グーグルスプレッドシートを使って、文字数を切り捨てて再度Twitterに投稿させる処理を実行させます。

Googleスプレッドシート作成

140字以内でTwitterに投稿できるように、Googleドライブ上に”Googleスプレッドシート”を新規作成して、インスタグラムのデータを格納するフィールドを作成します。

twitterの140字制限を超えて本文投稿しようとすると、Twitterに投稿が出来ません。
Instagramの本文が140字を超えても、文字数調整をしてTwitterに投稿できるようにする必要があります。

【空白】を選択

Data格納名称を入力

1行目にそれぞれ格納データの意味が分かるように文字を入力します。
後から自分が意味が分かる為に以下の様に入力します。

  • [1-A]…「Category」
  • [1-B]…「Caption」
  • [1-C]…「Permlink」
  • [1-D]…「MediaURL」
  • [2-A]…「Data」
Instagramのデータは、「2-B」~「2-D」に格納されますから”空白”にしておきます。

スプレッドシートの名称はなんでも構いません。

例えば、「ZapierでInstagram連携」など自分で分かりやすい名称に変更して保存しておきます。

Instagram連携

【CREATE ZAP】を選択

【Open editor】を選択

[Search apps…] に「Instagram」を入力して [Instagram] を選択

[Trigger Event] で、[New Media Posted in My Account] を選択し、【Continue】を選択

[Trigger Event]は、自動処理の開始条件の意味です。
[New Media Posted in My Account] は、新規投稿があった場合に実行する意味です。

【Sign in to Instagram】を選択

ZapierとInstagramアカウントが連携していない場合に、連携処理を行います。

【許可する】を選択

連携したいアプリのアカウントと情報アクセス許可が必要です。

[Continue] を選択

[Test trigger] を選択

データ取得を確認

アカウントのデータを取得できたかを確認します。

【+】を選択

Google Spreadsheet連携

【Open editor】を選択

[Search apps…] に「Google Sheets」を入力して [Google Sheets] を選択

[Trigger Event] で、[Update SpreadSheet Row] を選択し、【Continue】を選択

【Sign in to Google Sheets】を選択

ZapierとGoogle Sheetsアカウントが連携していない場合に、連携処理を行います。

【許可】を選択

連携したいアプリのアカウントと情報アクセス許可が必要です。

[Continue] を選択

各項目を設定し[Continue] を選択

Driveは、"空白"で大丈夫です。

  1. Spreadsheet…初めに作成したスプレッドシートを選択(今回は「ZapierでInstagram連携」)
  2. Worksheet…シートを選択(今回は「シート1」)
  3. Row…データ格納の行を選択(今回は「2」)
  4. Caption…Instagramの本文を100文字切り捨て
    =LEFT("[キャプション]",100)&" …"
    ※LEFT関数を利用し、Instagramの本文の先頭100字+…という構成に変換します。
  5. Permalink…自動表示される「Permalink」を選択
  6. MediaURL…動画の場合[ThumbnailURL]を使い、静止画の場合[MediaURL]を使う。
    =IF("[サムネイルURL]"="","[メディアURL]","[サムネイルURL]")

データ取得を確認

アカウントのデータを取得できたかを確認します。

Google Spreadsheet連携

【Create Zap】を選択

②…先ほど登録が完了した処理が追加されています。名称は自由に変更して下さい。(例えば「1-1Instagram→GoogleSheets」)

【Open editor】を選択

[Search apps…] に「Google Sheets」を入力して [Google Sheets] を選択

[Trigger Event] で、[New or Updated Spreadsheet Row]を選択し、【Continue】を選択

【Continue】を選択

アカウントを選択して【Continue】を選択

連携データを選択して【Continue】を選択

  • Soredsheet…任意で名称を付けて[ZapierでInstagram連携]を選択
  • Worksheet…[シート1]を選択
  • Trigger Column…[any_column]を選択
[any_column]は”どれれもよい”の意味です。

[Test trigger] を選択

データ取得を確認し、【Continue】を選択

アカウントのデータを取得できたかを確認します。

【+】を選択

Twitter連携

[Search apps…] に「Twitter」を入力して [Twitter] を選択

[Trigger Event] で、[Create Tweet]を選択し、【Continue】を選択

【Sign in to Google Sheets】を選択

ZapierとGoogle Sheetsアカウントが連携していない場合に、連携処理を行います。

【連携アプリを認証】を選択

連携したいアプリのアカウントと情報アクセス許可が必要です。

【Continue】を選択

連携データを選択して【Continue】を選択

  • Message …[Caption](本文100文字以内)+[Permlink](Instagram投稿URL)
  • Image,video …[mediaURL](ThumbnailURLで取得した画像)を選択
  • Should Shorten URLs?…[No]を選択

[Test & Continue】を選択

アカウントのデータを取得できたかを確認します。

【Turn on Zap】を選択

自動処理を”ON”にする

【OFF】を選択し【ON】にして自動化処理を開始させます。

【ON】にしている限り、各アカウントを監視して自動処理を行ってくれます。

以上で全ての作業か完了です。

終わりに

具体的な処理フローは以下を参考にしてください。

ランキングに参加中です♪ 応援3クリックをいただけると とても嬉しいです♪ ↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
クリックありがとうございます。

Posted by shoutan