中国大連滞在者が一番注意する事

2017年9月6日

海外旅行において、新しい環境での体の対応は難しく体調を崩してしまいがち、でも自然災害にはどうにもならない。

その国のインフラの基本姿勢につて知っておいて損は無いと思う。

日本なら地震が多い為、それらを考慮して建物が建造されている事や雨量の多い地域などで排水設備もそろっている国家と言える。

中国の場合は、急激な近代化の為に、時間を優先し技術と設備が乏しいと言える。それは台風などの災害が起こった時に表出される。

数十年に一度の台風による大雨などは勿論、一日雨が降っただけで都市機能が麻痺し大連の国際飛行場への道が寸断されてしまう事が良く起きる。


濁流の黄川

早めに天気予報をチェックして大雨が予想される場合は、荷物をパッキングする際に手荷物一つ一つをビニールで覆い防水処理を施したり、飛行場への到着時間を早めるか、フライト日を翌日に繰り越すなど速めの対応が安全な旅につながりますよ!

サイト中国の天気 – 日本気象協会 tenki.jp
参考チケット、ホテル、専用車、日本語ガイドいずれ単一の手配可能!【ふれあい中国】

中国

Posted by shoutan