腹部の肥満になる理由

ポッコリお腹、リンゴ型体型など言い方は様々だけど、要するに腹部の部分的な肥満を言うよね。

Harrison’s Principles of Internal Medicine, 17th EditionPatients with subclinical Cushing’s syndrome due to adrenal adenoma have increased cardiovascular risk.によれば、クッシング病の特徴として体重の増加する事であり、97%の人で体重の増加が見られた。1/3の患者では、糖尿病や高血糖の症状が見られた。

食事を減らしても、運動量を増やしても体重が増えたのだ。

過剰なコルチゾールの分泌によって体重が増えるのは、他の疾患でも同様であった。つまり、コルチゾールが分泌される量が増えると体重増加を引き起こす。

Cortisol secretion in relation to body fat distribution in obese premenopausal women.によれば、尿中のコルチゾール排泄量が多い人は、ウエスト・ヒップ比も高い。

Rise in morning saliva cortisol is associated with abdominal obesity in men: a preliminary report.によれば、唾液中のコルチゾールが多い人は、BMI値とウエスト・ヒップ比も高い。

BMIや胴回りの相関関係がある事は、Cortisol effects on body mass, blood pressure, and cholesterol in the general population.によって分かっている。

コルチゾールの分泌量が多い人ほど体重が重く、特に腹部に脂肪が蓄積すると次にヒップやウエスト比も高くなってしまう。

一番の問題は、腹部の脂肪の蓄積は健康に悪いと言われている為、今腹部の脂肪が気になる方は注意をしたほうが良い。