ダイエットに体重計は不要?体重以外の評価基準のススメ

2017年6月28日

私が、糖尿病や心臓病の親族がいる中で生活して来たのですから、その為の食事を幼少期から採ってきたのです。まさにデブの英才教育だったのですが、そこから脱した経緯を紹介します。また、下記の内容は過去の私へ向けて記事を書いています。

Ads by Google

Ads by Google

体重以外の評価

  1. 肉体的進歩
  2. マインドセット進歩
  3. 感情進歩
  4. 習慣進歩
  5. 知識進歩

あらゆる進歩を評価し体重だけの評価に頼りません。

参考資料・参考文献:Fitness Is a Journey, and It Doesn’t Have to Suck

体重計を信じる?

ドン・キホーテや家電量販店で家庭用の体重計や体脂肪計付きの物を購入していると思います。

数千円で正確な体重計を作れるのか?

無理です。ジムなども数百万円物でも正確ではありませんし、試しに2度計測してみてください値が違うはずです。
正確では無い体重計に乗って1gの上下に一喜一憂しているのです。無意味ですね。
家庭レベルなら参考程度で良いと思いますし、何故体脂肪機能があるかと言えば売れるからでそこの数値の厳格さを担保している一般商品はありません。
皆さんが商品を購入させる為の付加価値であってダイエットに必須の機能ではありませんよね。

体重計を購入するよりも全身が映る鏡を購入したほうが良いですし、もしも鏡を購入するなら、斜めになるタイプはお勧めしません。垂直に立てれるタイプが同じ目線で見る事が出来るから良いですよ。

鏡を買っても痩せませんから毎日写真を撮る方が良いです。

壁面ミラー 60cm幅 NJ-0007
by カエレバ