FreeStyleリブレ (アボット血糖測定)購入レビュー

グルコースモニタリングシステム「FreeStyleリブレ」が2017年9月1日から保険適用となった事で購入するハードルが下がったはず。

Ads by Google

Freestyleとは

丸形のセンサーを上腕の後ろ側に装着する事で、皮下に入れたセンサーによって間質液中のグルコース濃度を連続的に測定する。

専用のリーダーでスキャンする事で、連続測定したグルコース濃度の変動パターンを表示する。

得られたグルコース濃度の測定値から、自動的に自己血糖値測定による血糖値トレンドを推定し、糖尿病の血糖コントロールをサポートしてくれる。

特徴

  • 説明書は日本語。
  • センサーは500円玉サイズと小型で、直径35mm、厚さ5mm。
  • 連続14日間使用できて1分毎に測定し、15分毎にグルコース値を自動的に記録する。
  • グルコース値とトレンドを表示する(FGM)。
  • センサーは、指先穿刺による採血を伴う較正が不要(出荷時に校正済み)。
  • センサーは、使い捨てタイプ
  • センサーは、装着したまま入浴や運動も可能
  • センサーの有効期限は9カ月。

測定値を確認するにはセンサーに本体をかざす必要があるが、測定値はセンサー内に8時間保存されるので、就寝前と起床時に本体で測定すれば睡眠中の血糖値を知ることができる(8時間を超えると古い記録から順にデータが消える)。

FreeStyleリブレは、妊娠中の女性、人工透析を受けている患者さん、6歳未満の患者さんは使用できません。

使用感

痛くない

センサーが入っていたケース

センサーを腕に装着する為のデバイス

センサーには針が着いていて腕に刺す事になるけど、針が超小型の為、痛みを伴わなかった。

目立たないセンサー

センサーが小型だから、腕に装着した状態で背広やワイシャツを着ても目立たないので、日常生活に支障が無いし気づかれない。

装着感も異物感も感じる事が無かったので本当に良かった。

装着感が本当に無いので、脱衣などの場合、引っ掛からない様に注意する必要があると思った。

手間いらず

糖尿病の治療に生かしていける機器で、就寝中から起床は勿論、入浴も運動などの日常生活を送るだけで自動的に記録をしてくれる。

本当に楽ちん!

一般的な計器の場合、自分で測定をする必要がある為、測定を忘れてしまう事が良くあるが、この機器ならその心配も無い。

リブレの血糖値測定は15分おきに24時間×14日間するので、指先穿刺による採血の場合だと1344回(就寝中も含む)針を刺す手間が1回で済んだ事になる

自然と食事を気を付ける様になったぞ!

食事前と食事後で血糖値の変化を視覚的に確認できるし、何を食べたら上下するのかも見えてくる。

『食事前に下がるなぁ』、『食事後に上がるなぁ』、『食事会でも上がって来たから気を付けよぉ』などなど

気にしすぎるのは良くないと思うけどね

スマホサイズでスマホより軽い印象を受ける機器で持ち運びが苦にならないけれど、スベスベしていてすっぽ抜けて落下した事があったので、心配な方は保護ケースがあると安心だと思う。

カラーは、黒、青、ピンク、オレンジ、紫、赤などがあるので、カバンや好きな色を選ぶと良いよ。

Freestyle Libre Case (Red)
by カエレバ

精度

FreeStyleリブレの平均絶対的相対的差異(MARD)を調べた臨床試験では、指先穿刺による血糖自己測定(SMBG)との比較で11.4%が、静脈血の血糖値との比較で12.0%が示された。

参考資料・参考文献:指先穿刺によるキャリブレーションなしでの正確性が証明されました

読取装置

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre
by カエレバ

センサー

私は3箱買いましたが1箱売りもありますよ。

フリースタイルリブレセンサー3個セットFreeStyle Libre (3)
by カエレバ

あわせて読みたい

コメントを残す